北西の丘展望公園とぜるぶの丘・亜土夢の丘


 ケントメリーの木とセブンスターの木を出た後は美瑛の北西の丘展望公園へ行きました。ここのピラミッド型の展望台からは美瑛の丘陵地帯の全景や十勝岳連峰が一望できます。
IMGP2275IMGP2285IMGP2296
上の写真はここから大雪山を一望した風景です。旭川空港へ向けて飛行機が下りてきました。写真の左方向が旭川です。

IMGP2290

これが北西の丘展望公園の展望台です。
IMGP2302 そのあとは、ぜるぶの丘・亜土夢の丘です。ここもラベンダー・ひまわりなどの花畑を眺めることができます。ぜるぶとはかおあその各後ろの三文字をとって名付けたそうです。「さわやかな風薫る丘でみんなで楽しく遊ぶ」をテーマに、展望台からはケンとメリーの木が眺めることができ、バギー・カートで園内を周ることもできます。

これで、8月5日の美瑛・富良野巡りは終わり。明日は旭川を出て札幌に向かう!!その途中で赤毛のアンの世界と19世紀のカナダの街並みを再現したカナディアンワールド公園に寄った。

ケンとメリーの木、セブンスターの木


皆さんはケンとメリーの木っていうのをご存じですか?
1972~1977年まで発売されていた日産の4代目スカイライン、ケンとメリーンのスカイラインいわゆるケンメリの【地図のない旅編】というCMで使われた美瑛の丘に立つ1本の大きなポプラの木なのです。CMの放送の後、この木は観光名所となって「ケンとメリーの木」と名付けられたそうです。
四季彩の丘を出たあとは、このケンとメリーの木とセブンスターの木を見に行きました。どちらも観光客が大勢で、人のいない隙間を狙って撮影するのが大変でした。
撮影スポットには、名称の由来など説明が書かれた看板がありますが、この木は、一般個人の敷地内にあるので、マナーを守って撮影しましょう。
IMGP2247
写真の右奥に見えるのは北海道の山大雪山連峰です。北海道で一番高い山である旭岳を含みます。

IMGP2266 このケンとメリーの木から少し北に行くと、今度はセブンスターの木があります。これは柏の木です。この木は昔は「北瑛の一本木」と呼ばれていたそうです。1976年にタバコのセブンスターのパッケージに採用された事から、セブンスターの木と呼ばれるようになったそうです。

このあとは、北西の丘展望公園とぜるぶの丘・亜土夢の丘に行きました。

四季彩の丘


さて、ファーム富田から、麦わらロールを堪能したあと、本来の目的地の四季彩の丘へ着きました。この「展望花畑 四季彩の丘」は、『丘のまち びえい』に15haの広さのある展望が素晴らしい丘で、春から秋まで、数十種類の草花が咲いています。IMGP2210
上の写真のように丘から十勝岳をバックに花畑が望めます。
中にはノロッコと呼ばれるトラクターバスやカートで園内をめぐることもできます。その他にバギー乗り場やアルパカ牧場などもあります。

IMGP2215IMGP2216IMGP2217

IMGP2220
こちらも十勝岳を望む風景。

IMGP2225IMGP2229

丘の下から上を望む風景。ラベンダー畑もあります。
このあとは、ケンとメリーの木・セブンスターの木へ向かう。

麦わらロール(麦藁ロール、麦稈ロール)


麦わらロールMAP 中富良野のファーム富田から美瑛の四季彩の丘に戻る途中、中富良野から上富良野を越え、ちょうど美瑛に入る途中、国道237号線から少し東に入ったところで麦わらロールを見かけました。
この麦わらロールは、牛の餌になる「牧草ロール」とよく間違われるそうですが、美瑛町は牧草地は少なく大半は麦畑で、麦の穂を刈り取った後の藁(わら)で作られた「麦わらロール」だそうです。この出来上がったロールは酪農家の方が購入し牧場へ運ばれた後、牛の寝わら(ベッド)になるということです。そして農家の方々は酪農家の方から堆肥を受け取えうのだそうです。

 

IMGP2186

IMGP2188IMGP2173IMGP2176IMGP2178

そして、目的の四季彩の丘へ。

ファーム富田


IMGP2129 北海道旅行での青い池の次は美瑛から脚を延ばして中富良野のファーム富田へ行きました。今では、ラベンダー畑で有名になっていますが、昭和12年に中富良野で始まり、日本全国に広がったラベンダー栽培は昭和47年ごろには採算割れで、ラベンダー栽培農家は富良野地方のみになったそうです。その後少数のラベンダー農家がラベンダーと稲作の兼作で細々と生計を立てていたところ、昭和51年の国鉄(JR)のカレンダーでラベンダー畑が紹介されて以来、観光客が訪れるようになったようです。
その中でも、ここファーム富田は実際に自家製でラベンダー香料製品を作成し、それとともに観光ラベンダー農園をい開園しています。中富良野のラベンダー農園としては、いち早く有名になったところです。ここ以外にも、多くの観光ラベンダー農園があります。

IMGP2131IMGP2152IMGP2150IMGP2159IMGP2161IMGP2157IMGP2156IMGP2139IMGP2124IMGP2163

ここファーム富田には、ラベンダー以外の多くの花々が観光農園として植えられていますので、ラベンダーの旬の7月~8月上旬以外にも4月から10月までいろいろな花々を楽しむことができます。

そしてファーム富田から四季彩の丘へ向かう途中にわらを丸めたものを見かけました。麦藁ロールとか麦稈ロールといわれるものです。

美瑛 青い池


8月3日から8日まで北海道を旅行してきました。IMGP2053IMGP2085 8月5日、美瑛の青い池に行ってきました。道道966号線を美瑛から白金、十勝岳方面へ行くと左手に駐車場があります。私が、旭川に住んでいた35年ほど前までは、美瑛って白銀温泉っていうイメージで、【青い池】っていうのは聞いたこともありませんでしたが、平成22年頃から口コミで瞬く間に広がったみたいです。この池が青く見えるのは、十勝岳中腹を源とする硫黄沢川からアルミニウムを含んだ水が流れとしらひげの滝の麓を流れる美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されているためだそうですが、過去に水質調査がされた結果、明確な原因については解明されていないようです。

IMGP2097IMGP2103
池の中には立ち枯れしたカラマツなどが観られ、青い色の水とあいまって神秘的な雰囲気を醸し出しています。当日はあいにく小雨の天気で、普段のような輝きは見られなかったのが残念です。
IMGP2086 そもそも青い池は、昭和63年12月に噴火した十勝岳の火山泥流等による火山災害から美瑛町を守るために設けられたコンクリートブロックによる堰堤だったそうで、平成元年12月に完成し、その後ブロック堰堤に水が溜まって「青い池」とよばれるようになったそうです。従って、青い池の奥にはそのブロック堰堤が観られます。
この後は、ファーム富田へ。