ブレーキシューの交換(ロードメンテ)


IMGP1429 ロード通勤を再開してブレーキの効きが悪いことに気が付いたので、交換することにした。Shimanoのブレーキシューの交換は簡単なので、交換方法は記載しません。ちなみに、交換したシューはR55C3からR55C3です。右の写真は新しいシューのパッケージです。

IMGP1432

 そして左の写真は使用済み使用後のシューです。もちろん上が、使用後で下が使用前です。

さて、ブレーキシューの交換で、予備がなくなったので、これを機にいろいろパーツを注文しました。

Wiggleでロード用のレスプロマスクとフィルター、ブレーキシューにチューブをお買い物。
Respro Sportsta Face Anti Pollution Mask(Black Large) x1
Respro Sportsta Filter(Large) x1
Shimano BR9000 R55C4 Cartridge Inserts – Pair x2
Vittoria Road Inner Tube(Presta 42mm 700 x 1923) x1

そして、楽天のザ・パワフルでロード用にタイヤやシフトケーブルなどもお買い物。
Panaracer CATEGORY S 700×23C カラー:レッド
Proパッチシート R 64枚 
SHIMANO SUS シフトインナーケーブル 1.2mm×2100mm 
Vittoria インナーチューブ Ultralite 700×19/23C 42mm 仏式

水戸の桜ももう終わり


 今年(2015年)、水戸では休日には天候に恵まれず、4月13日になって漸く晴れたので自宅から徒歩で桜を見に出かけた。

 まずは、自宅から歩くこと15分、千波湖の方から那珂川へ流れ出ている桜川につく。そこで桜川沿いの桜を撮影。花の中心部が赤くなっているのは、桜も終わりの時期に近づいた証拠。もうすぐ、この花も散るだろう。

IMGP0125IMGP0131

 この桜川沿いを20分ほど歩くと歩くと千波湖にたどり着く。千波湖には多くの野鳥がくるが、ここで小鷺を見かけた。そして千波湖よこの桜川の桜と千波湖畔から千波湖にせり出した桜。そして千波湖畔から噴水をバックに桜。

IMGP0161IMGP0165

IMGP0169IMGP0178

 千波湖畔を一通り散策して、帰路につく。桜川沿いで、復路は往路の対岸を歩く。対岸の桜と手前の桜のアップ。こちらも花の中心が赤くなってきている。

IMGP0185IMGP0189

 桜川を離れ自宅へ、その途中の備前堀にも桜がある。

IMGP0202IMGP0205

IMGP0211IMGP0214

本格的ロード整備完全版


 ハブの分解も含めた自転車整備をしたので完全版として記載しておきます。なお、洗浄や整備はバケツと中性洗剤、ブラシ、ホース、自転車スタンド(私は木製の台を使ってます)、パーツクリーナー、チェーンルブ、グリス、その他工具を使用します。

フレーム洗浄
 ライトやサドルバッグなどの装備品と前後ホイール、チェーンを外したフレームを木製の台の上に立て、バケツの中に入れた水で薄めた中性洗剤にブラシを浸してごしごしジャブジャブ洗います。油汚れのひどい前後ブレーキ、前後ディレーラー、BB下を入念にブラシでこすります。なお、BB周りはクランクを外して洗浄しない場合には、グリスが流れ出るといけないので、注意して洗います。

逆さにしてフレーム洗浄
 最初はサドルを上にして洗い、次にサドルを下にして入念に洗います。フレームについた中性洗剤はホースで水をぶっかけてきれいに洗い流します。その後、簡単にウェスで水を拭きとり、フレームを干して乾かします。なお、乾かす時も上下を入れ替えて、フレーム内にたまった水を良く切るようにします。
 フレームが乾いたら、前後ブレーキ、前後ディレーラー、それぞれのワイヤー周りにはパーツクリーナーを吹き付け入念に油分を落とします。可動部分を動かしながら丁寧に洗浄します。

0429フレーム洗浄0429フレーム洗浄裏返し

ホイール洗浄
 フレームを乾かしている間にホイールを洗浄します。前ホイールはそのまま、後ホイールはスプロケットを外します。タイヤは付けたままでOKです。こちらもフレームと同様に薄めた中性洗剤でブラシを使用してごしごし洗います。ブレーキの接触するリムサイドは入念に洗います。もし、ハブを分解してグリスアップしないのであれば、前後輪ともハブ周りは水を掛けないように注意します。なお洗剤は、フレーム洗浄に使った残りで十分です。
ホイールも乾燥
 ブラシで洗浄を済ませたら、やはりホースで水をぶっかけ、中性洗剤を洗い流して、どこかに立てかけて乾燥させます。乾燥したら、リムサイドにパーツクリーナーを吹き付け、脂分を丁寧に拭きとります。

0429ホイール洗浄 0429ホイール乾燥

チェーン・スプロケット スプロケットとチェーンの洗浄
 フレームとホイールを洗浄する前に外したスプロケットとチェーンを軽油にドブ漬して油を浮かせておきます。浸したあとは、この灯油の中でガシャガシャ洗います。十分汚れを落としたら、スプロケットとチェーンを灯油から出して新聞紙などの上で乾かしておきます。使用済みの灯油はペットボトルに入れて取っておきます。しばらく置いておくと汚れが沈殿するので、次に洗浄するときに上澄みの灯油だけを使います。乾いたスプロケットとチェーンは灯油だけできれいにならない場合が多いので、私はパーツクリーナーで再度洗浄します。チェーンの可動部分にごみが残らないように吹き付けて洗浄します。

0429ルブ・クリーナーパーツクリーナーで洗浄後はチェーンのみチェーンルブで注油
 パーツクリーナーが乾いたらチェーンルブで注油ですが、スプロケットには注油はしません。チェーンは可動部分に注油をします。余ったオイルはぼろきれで十分ふき取ります。可動部分にしみ込んでいれば、後はいらないオイルですので、埃を呼ぶだけです。

0429BB周りの洗浄 BB周りとクランク洗浄及びグリスアップ
 フレームが乾燥したらクランクを外します。BB自体は分解せずに、BB周りの汚れたグリスを布でふき取っておきます。クランクはギヤ周りを中心に洗浄します。ギヤにはパーツクリーナーを吹き付けて油汚れを落とすとよいでしょう。
 きれいになったら、BBにはグリスを詰めます。中にある溝に隙間なく入るようたっぷりと塗り込めます。クランクを押し込むと余ったグリスが出てくるので丁寧に拭きとります。クランクを閉め込んでBB周及びクランク周りは終了。

0429SPDペダルの洗浄 SPDペダルの洗浄と注油
 SPDペダルもばねの部分にパーツクリーナーを吹きかけて洗浄します。ペダルの回転部分には吹き付けないように注意します。パーツクリーナーが乾いたら注油です。回転部分には注油はしません。SPDのばねと可動部分のみチェーンルブを注油します。

後ハブの分解整備
 後ハブを分解する左右にベアリングボールが入っています。無くさないように分解します。このハブには左右ともに9個ずつベアリングボールが入っています。写真はスプロケット側から見たハブ内部です。
後ハブベアリングボール
 取り出したボールは全部で18個、パーツクリーナーで洗浄します。
後ハブのグリスアップ
 汚れたグリスとふき取り、中をきれいに洗浄したら、グリスをたっぷり詰めます。
後ハブにボール詰め
 グリスを詰めた後にボールを所定の位置に入れ、更にグリスで覆います。
後ハブのスプロケットと反対側も同様に
 スプロケットと反対側も同様にボールとハブ軸を洗浄し、グリスを詰めボールを配置します。

0429後ハブスプロケ側洗浄前  0429後ハブボール  0429後ハブグリス  0429後ハブグリスとボール  0429後ハブ反対側

 

0429後ホイール整備終了 後ホイール整備終了
 ハブ軸を戻し、スプロケットを取り付け、後ホイールの整備は終了です。

前ハブの分解整備
 前ハブも基本は後ハブと同様です。が左右10個ずつで後ハブより小さめのベアリングボールが入っています。

前ハブベアリングボール
 取り出したボールは全部で20個、パーツクリーナーで洗浄し 汚れたグリスとふき取り、中をきれいに洗浄したら、グリスをたっぷり詰め、後にボールを所定の位置に入れ、更にグリスで覆い、 ハブ軸を戻し、前ホイールの整備は終了です。

0429後ハブ反対側  0429前ハブボール

フレーム周りの注油
 残りはフレーム周りの注油です。パーツクリーナーで洗浄してあるので、前後ブレーキや前後ディレーラーの可動部分にチェーンルブを注油します。余った油は埃を呼びますのできれいにふき取ります。

フレームの仕上げ
 仕上げはぼろきれに少しパーツクリーナーをつけてフレームをよく拭きます。パーツクリーナーは塗装を痛めるので、汚れているところのみに使用します。最後は車用の洗車シートのフクピカで丁寧に拭き上げます。

ワックスがかかり、きれいに見えます。
 きれいになったところ、チェーン、前後ホイール、外した装備を取り付けて整備終了です。

陸上競技初戦


今日は、今シーズン初戦の茨城マスターズ陸上競技記録会だが、今朝の段階でも足首を強く伸ばしてふくらはぎに強い力をかけるとふくらはぎとアキレス腱損傷部分が痛むので不参加を決めた。初戦は4/29の千葉記録会になる予定。それまでに完治させねば…

二宮金次郎(二宮尊徳)資料館に行ってきた


IMGP1386 4月9日(木)の朝に水戸の整形外科でアキレス腱損傷の診察を受け、その足で栃木の自治医大で腸閉塞原因の最終検査結果を聞きに行った。その帰りに時間がったので真岡市にある【二宮尊徳資料館】によってきた。二宮尊徳については槇を背負って本読む銅像と農民の出で武士を目指して勉強した農政家との知識しかなかった。こういう機会に、資料館や記念館などを回ると面白いって感じるのは歳を取ったせいかな?
 隣には二宮神社があり、少し離れた「蓮城院」に分骨されたお墓があります。

IMGP1385IMGP1381IMGP1382

そして、すぐそばにある桜町の陣屋では桜が満開でした。

IMGP1391IMGP1394IMGP1396

天気があまり良くなかったので写真は映えないですが…

アキレス腱部分断裂!!


【あぁっ~!!やっちまった】
 「あぁっ~!!やっちまった。」助走を駆け出した瞬間、右足ふくらはぎに「ぶちっ」という音、ふくらはぎに痛みが…。「歩けるぞ!でも、痛い。肉離れか?」とりあえず、練習を中断し、座って、ふくらはぎの痛む部分を触る。「腫れてはいない、痛みはある。足首は動く。やはり肉離れか。」
 2015年3月14日(土)午前11時ころの出来事だった。このひは、石岡運動公園陸上競技場に練習に来ていた。中学生が走高跳の練習をしていたので、参加させてもらっていた。一人ではなかなか跳べないので、いいチャンスだったのだ。数年前から悪くしていた足首、と膝の調子も良くなってきていて、120㎝の立背面跳、140cmでの助走合わせ、そして、足首と膝に負担のかからない踏切の練習を終え、体に覚えさせるために145㎝に上げての試技の3回目だった。「今シーズンは調子よさそうだ。」と思った瞬間の出来事だった。
 ふくらはぎの下の部分が痛むので、練習をやめて帰宅することに、結構痛むので車に戻り自宅近くの行きつけの病院を探すが、土曜は午前中で終わりだ。取りあえず、自宅まで運転して帰宅。ふくらはぎが痛いが、運転にはそれほど支障はない。一時間後帰宅、肉離れならば、シップを貼り、まずRICE処置。取りあえず保冷剤で冷やしてサポーターで留める。ふくらはぎ肉離れ用の専用サポーターをAMAZONで注文。土曜の午後でもやっている病院をネットで探す。14:30からなので、妻に送ってもらう。
【整形外科で診察】
 医師「どうしました?」
 IMGP1377.DNG.(L)私「スポーツしてて、ふくらはぎを肉離れしたようなんですが…」
 医師「どれ、どのへん?その瞬間は判った?」
 私、右足ふくらはぎの太いところから細くなるあたりを指して「この辺です。痛みが走った瞬間は判りました。」
 医師「レントゲンとるから、外で待ってて」
 私は外に出て、「肉離れの時ってレントゲンとるのかなぁ?」と思っていると、レントゲン室に呼ばれ両足とも正面と左右それぞれ内側からのレントゲン写真、合計三枚を撮影。その後、医師の再診察。
 医師レントゲン写真を見せながら「損傷してるね。まぁ、切れたら縫えばいいんだけど。とりあえず、包帯出すから巻いておいて、一週間後に再診察してリハビリね。包帯は必ず巻くこと」と言われ、処置室へ。レーザー治療を受ける。「細胞を活性化するそうだが、ほんとに効果あるのか?」そして、包帯を患部を中心に巻いてもらう。
 この日は、風呂も入らず、酒も飲まず、とりあえず、RICE処置。3日後の月曜までは肉離れと信じていた。
【えっ!?肉離れでなく、アキレス腱の部分断裂!?】
 3月16日(月)昼休みにネットでふくらはぎの画像調べていたら、「痛む部分は筋肉とアキレス腱の境目あたりのようだ。アキレス腱ってずいぶん上まで伸びているんだ…。これって、肉離れでなくアキレス腱の部分断裂!?」その後、調べると、やはりアキレス腱部分断裂らしい。「そうか、だから医師は切れたらつなげば良い。と言っていたのか」。一人で納得した瞬間だった。「土曜に再診受けるときに、きちんと聞いておこう」
【症状の時系列】
 負傷当日(14日):ふくらはぎを動かすと痛みはかなり強いが安静にしていれば痛みは感じない、歩く際に、負傷した右足を引きずって歩くような状態。階段を上がるときは左足を上げ右足を寄せる。階段を降りるときは右足をおろし左足で踏ん張る。いずれにしても右足のふくらはぎに力を入れるとかなり痛い。
 負傷翌日(15日):安静時に痛まないが動かすとふくらはぎの痛みまだ強い。痛みは少し和らいでいるが、歩く時や階段の上り下りは負傷当日と同様
 負傷三日目(16日);車で通勤、痛みはある。歩行はかなり遅い。階段の上下も昨日同様だが、痛みは徐々に引いている。RICE処置h終了
 負傷四日目(17日);歩かなければ、痛みはない。ふくらはぎに力が入ると痛いし、歩行はびっこを引くが、引きずる感じは少なくなっている。階段の上下は相変わらず。
 負傷五日目(18日);びっこを引くが、引きずる感じはほとんどない階段を上るときは負傷した右足からでも、左足からでも上がれる。降りるときは負傷してない左足を下して、右足を付随させないと痛い。まだ、右足に大きな負荷がかかると痛む。
 負傷1週間後(21日):歩行と階段の上りは少し痛むことがあるが問題ない。階段下りは、やはり痛い。
【1週間後再診へ】
 8:30から診察開始なので、8:00頃に病院へ向かう。駐車場はすいている。車は2台。病院玄関へ向かうが自動ドアはあかず中は暗い。「まだ空いてないのか」一台の車の中には待ってる人が…「しばらく待とう」。一台車内で待ってる人が入口へ向かうので、併せて私も向う。「あれ、あきませんね。」声をかけてみる。結局あかず。「ちょっと聞いてみます」とその人、どこかへ徒歩で言って戻ってきて一言「今日は春分の日で休日だそうで…」「えっ!?すっかり忘れてた。土曜日はいつも休みなものだから…」ということで、診察はお預けに…
images【というわけで3/25再診】
 再診に訪れると、最初にレーザー治療、「以前にも思ったが、これって効くのかなぁ。」妻は別病院で膝痛の治療してるけど、やはりレーザー治療をしているので一般的な治療だと思うし、保険治療なので臨床試験で効果ありといわれてるんだと思うけど、毎日やり続けないとダメなような気がする。
 で、医師の診察、「リハビリを徹底的にやって」、「で、どういうリハビリですか?」、「あとで看護士が教えるから」と言われたので、懸案の損傷菓子の話を切り出した。
2015年03月28日14時26分39秒「はい、ところで、ふくらはぎの肉離れでいいんですか?それともアキレスけんの部分断裂?」医師は、「あのね、ふくらはぎは腓腹筋とひらめ筋でできていて、そこが、アキレス腱に自然と変わってるの。だからどことははっきりと言えない部分の一部分が損傷しているの」と投げやりな言い方で言われてしまった。「いや、それ知ってるし、もう少し、そういうことを丁寧に聞きたいのになぁ。」と心の中で…
 で、看護師に紙一枚渡されリハビリの方法を教えられたが、それが、これ。タオルストレッチ。これは知ってるし、もうすでに始めてる。ん~その他にないのかなぁ。やはり、チューブトレーニングかなぁ。適当なチューブを探さなきゃ。

 

【最後の受診 4/9】
IMGP1406 4月9日(木)に再診した。結局最後の受診だったのだが、レーザー治療して、診察。といっても、別に患部を見るわけではなく、痛みの有無の問診のみで、強い痛みはなく軽い運動も始めている旨伝えると、「リハビリをしっかりやること。スポーツの再開は自分の判断でやってください。」とのこと。で、現在どういう状態かというと通常の歩行やストレッチ筋トレではふくらはぎの痛みはない。ただ、あおむけに寝て足を延ばし足首を強く伸ばすと写真の絆創膏を張ってある部分が痛む。丁度、ふくらはぎの太い部分から細くなり始めるあたりで、アキレス腱(ふくらはぎ)を損傷した部分。ここの痛みがある間は少し注意したほうがよさそうなので、4月13日に今シーズン最初の大会である茨城マスターズ陸上競技記録会へ参加は見合わせるつもりだ。ちょっと残念。