「Windows」タグアーカイブ

microSD カードがおかしい


キャプチャ 先日amazonで購入したmicroSDXC 64GB Class10 UHS-I カードの調子がおかしい。Toshiba dynabook Tab S80で使用していると保存したデータにエラーがでる。当初、このエラーに気が付かず、2か月近くたってしまったので、初期不良交換は無理、とりあえず、Check FlashでmicroSDXCカードのエラーをチェックしてみた。すると右のように論理エラーや物理エラーが多発。そこで、今度はSDフォーマッタで物理フォーマとしてみた。キャプチャ4最初は上書きフォーマットで論理サイズの調整はオフにしてフォーマット。一晩かかったが、再度、CheckFlashでエラーチェック。こちらも一晩かかったが、変わらず、論理エラーが多発。仕方がないので、再度SDフォーマッタで物理フォーマット。今度は論理サイズ調整。これで使えるようになっても論理サイズが小さくなる。CheckFlashの結果を見ると1/3以下のサイズになるから20GB程度と予想されたが、正常にフォーマットされ、容量は64GB。再度、CheckFlkashをかけるが、やっぱりだめ、あきらめた。キャプチャ

S80 Windows 10 カメラアプリの不具合


キャプチャ
 S80のWindows10で標準搭載されているカメラアプリが起動しない。Toshiba純正のカメラアプリは起動するのだが、S80にWindows10を導入した時点からだ。同時期に導入したS68では正常起動するのに・・・
 そこで、Windows10に標準搭載されているカメラアプリは通常の方法ではアンインストールできないので、コマンドプロンプトを管理者権限で起動して以下のコマンドで、Windows10のカメラアプリをアンインストールする。
キャプチャ.2JPG

>powershell
>get-appxpackage *camera* | remove-appxpackage

そして、Windows ストアから カメラアプリを検索して再インストール。それでもやはり起動できない。
そこで、よくよくエラー情報を見ると、どうも、Camera Roll フォルダがないと言っている。そういや、ユーザーフォルダーを標準のCドライブからDドライブに移動したんだった。

キャプチャ2 ということで、標準のCドライブに戻すと無事起動した。

 そこで、Dドライブにするために
設定→システム→ストレージで写真のように保存先を変更した。すると、Windows10のカメラアプリは正常に起動し、Dドライブに移動したユーザーフォルダーにきちんと保存された。

エラーはちゃんと読むことだなぁ。

Windows 10 アップグレード Libretto W100 編


【Libretto W100】
 Windows7 Home 32bitのLibreto W100をUSBからアップデートしてみます。方法はWindwos10 アップグレードに書いた方法です。まず、USBの中のsetup.exeを起動します。
20150809_15350820150809_15385320150809_15405520150809_15441520150809_15461620150809_16121320150809_171735

 

何度か再起動したが、インストールできずに以前のバージョンのWindows7に戻ってしまった。Windows7上でWindowsUpdateがうまくいってなかったせいかもしれない。今度はクリーンインストールを試みるか、リカバリしてからアップグレードするかだなぁ。

20150922_225644【Libretto W100 リカバリ後にWindows10へアップグレード成功】
 その後、「Windows 10 を入手する」アプリがLibretto W100のWindows7タスクバーに出るようになり、アップグレードの通知が届いたので、それを利用して2度ほど上の状態でWindows7からWindows10へのアップグレードを試みたが、結局インストール終了間近に再起動されて、Windows7に戻ってしまった。仕方がないので、まず、Libretto W100をリカバリして初期状態に戻した。そして、ここ20150923_071712https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)からWindows10をダウンロードし、そのままインストールした。今まで、失敗していたがリカバリすることにより、全く問題なくWindows 10をインストールすることができた。2画面のLibretto W100 では、Windows10は上下ディスプレイがミラーになっている。そこで、ディスプレイの設定で拡張ディスプレイに設定し、上下にディスプレイを揃えます。ここで、気が付いたのですが、下のディスプレイのタッチパネルがおかしい、タッチに反応はしているが下をタッチすると、上のディスプレイが反応する。20150923_092039そこで、コントロールパネルハードウェアとサウンドタブレットPC設定ペン入力またはタッチ入力に合わせた画面の調整を開きペンとタッチディスプレイの構成を行う。この時、ハードウェアキーボードを接続しておかないとEnterキーが押せなくて調整できないので、注意が必要。これで、一通り二画面で使える。しかし、問題なのが、上下ディスプレイ間でのウィンドウの移動。そこで、タッチマウスポインターをインストール。これで、ディスプレイ間のウィンドウの移動が簡単になる。そして、mazecの試用版をインストール。10月には正式版になるらしい。20150926_094455Windows10のタッチキーボードをした画面に固定できるといいのだが、入力エリアに出てきてしまうのが難点だなぁ。誰か、タッチキーボードが表示されるディスプレイを指定できる方法を知っていたら教えてください。

Windows10での Liveメール文字化け修復


Windows10にアップグレードして以来、自宅の2台のデスクトップPCのLiveメールで一部の受信メールが文字化け。同じメールをWindows7や8.1のLiveメールでみると問題ない。どうも、アップグレード時に一部のシステムが破損してるらしい。
そこで、コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、以下のコマンドを入力して修復。
〉sfc /scannow

Windows 10 アップグレード Toshiba dynabook TAB VT484 編


 さて、LibrettoW100のWinbdows10へのアップグレードが失敗したので、気を取り直して東芝のタブレットPC VT484をWindows8.1homeからWindows10homeへアップグレードすることにした。こちらは、自宅共用デスクトップPCと同じく、「Windows10を入手する」アプリを起動してインストールしました。何のことはない、何も考えることなしにアップグレードが可能でした。ちなみに、この記事を書いた時点では、Libretto W100のWindows10へのアップグレードは失敗しています。
 さて、何の問題もなくアップグレードできたVT484ですが、ただ問題点がひとつ。これをお読みの方もそうだと思いますが、デスクトップPCではハードウェアキーボードを使っていますが、タブレットPC では通常、ソフトウェアキーボードを使用しています。これが、Windows8.1とWindows10で微妙に異なっていて使いにくいのです。そこで、8.1と10キーボードを比べてみました。
【Windows10のソフトキーボード】
キーボード
Win8-1WIN10-1
セパレートキーボード
Win8-2Win10-2
フルキーボード
Win8-4Win10-4
手書きキーボード
Win8-3‘Win10-3
 一見デザインが少し変わって小さくなっただけに見えます。通常のキーボードは使い勝手はそんなに悪くありません。小さくなった分画面が広く使いやす気がします。しかし、手書きキーボードの使い勝手が悪くなりました。
 私は、手持ちの時は通常キーボードをテーブルや机があるときはペンを使用して手書きキーボードを使用します。このWin10の手書きキーボードが使いにくい。少し比べてみます。
Windows8
無題-1
見てわかるようにWindows8ではエリアが3文字でエリアが一杯になると右側に > が出てスクロールできるようになります。
Windows10
winIME
ところが、Windows10ではエリアが2文字でスクロールもできないので3文字の入力は不可能です。これは非常に使いにくい。
Maz手書き これは非常に使い勝手が悪い。このままではメインのタブレットPC S38では使用できない。そこで、Win10で使用できるサードパーティのソフトウェアキーボードを探しました。最初に頭に浮かんだのが、Androidで使用しているMazecです。これは、スマホで数年使い続けていて非常に使いやすい手書き入力アプリです。これのWindows版がないか探してみました。法人向けには既にWin7,8向けに年間2000円で使用できるのがあるみたいです。で、個人用は?・・・
 ありました。現在使用版ですが個人用のMazec for Windowsが…
これをVT484に入れてみました。Android版同様に使い勝手が良いです。

Maz手書き-1

さて、製品版は年間使用料ではなく、買い取りであるとうれしいのですが。。。
この、手書き入力の問題はタブレットPC全体の問題です。

とりあえず一応の解決を見たので、S38をWindows10にできそうです。

Windows 10 アップグレード


 Windows10のアップグレードが2015年7月29日から可能になりました。我が家には多くのWindowsマシンがあるので、それらをアップグレードしてみます。

【自宅共用デスクトップPC】
 自宅で使用している妻と私、二人の息子たちで共用しているPCデポで購入したデスクトップPCをWindows7からアップグレードしてみました。こちらは、素直に「Windows10を入手する」アプリを起動してインストールしました。何のことはない、何も考えることなしにアップグレードが可能でした。20150809_14105120150809_15223920150809_15254020150809_152820

【その他の自宅PC】
 
各PCで「Windows10を入手する」アプリを起動してインストールするのは手間なので、その他のPCはUSBやDVDドライブを使用する方法でアップグレードすることにしました。 このUSBやDVDドライブを使用する方法のページからツールをダウンロードします。ダウンロードに使用しているPCにより、32ビットバージョンMediaCreationTool.exeと64ビットバージョンMediaCreationToolx64.exeがありますので、該当するほうをダウンロードします。これは、アップグレード対象PCではなく、ダウンロードしているPCが32ビットか64ビットかによります。
 このツールを起動し、ダウンロードするWindows 10を選択します。言語【日本語】、エディション【Windows 7 Home・Windows 8.1→Windows 10 Home、Windows 7 Professional/Ultimate・Windows 8.1 Pro→Windows 10 Pro】、アーキテクテャ【両方/32ビット/64ビット】の3つの項目をそれぞれ選択して[次へ]。
 次にメディアを選択します。USBかISOファイル(DVD)を選択して[次へ]をクリックします。アーキテクチャで両方を選んでいると6GBの容量を必要とします。32か64ビットのどちらかであれば、3GBです。
 DVDからのアップグレードはISOファイルをDVDに焼き、素直にDVDから起動します。USBからのアップグレードはUSBメモリ中にあるsetip.exeを起動します。ちなみに、USBメモリには他のファイルが書き込まれていてもかまいませんが、中身は削除されてしまいます。
 【更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)】で[次へ]。
 ライセンス条項に同意して[次へ]。
 引き継ぐ項目を選択し、[次へ]。
 インストール開始。
でインストールされます。

モニターキャンペーン当選した dynabook Tab S68とS80


IMGP1267.DNG.(L)【S68,S80開梱 セットアップ】
 12月19日発売だった東芝のWindows 8.1 タブレット、dynabook S68とS80のモニターキャンペーンに当選して、12月16日に出荷され、17日に受け取った。8インチのS68は¥51,300、10インチのS80は¥69,984で、大きさとHDMIがついている以外はS68と同じなので、S68を中心に使用感を書いてみる。内容物は本体以外は同じで、USBケーブル、USB-ACアダプタ、電磁ペン、替えのペン先、単6アルカリ電池、ストラップ、バンドル版Office。
IMGP1270.DNG.(L)IMGP1271.DNG.(L)
IMGP1272.DNG.(L) 本体大きさの違いは写真ではあまり感じないが、手に持ってタイプすると大きさの違いを感じる。今まで使ってた8インチのVT484とほぼ同じ大きさのS68のほうが手にしっくりくる。
IMGP1276.DNG.(L) まずは充電。VT484の時はほとんど充電されていなかったが、このS68もS80も満充電に近い状態だった。そこで、すぐにセットアップ開始。セットアップの写真は、ケースに入れたS80のほう。

 

 

 

IMGP1279【S68とVT484】 S68とVT484と比べるとこんな感じ。S68の下部には電磁ペンが取り付けられるホールがあるのでそこに、電磁ペンを取り付けてあるので少し大きく見える。質感はVT484のほうがはるかに良い。それに比べるとS68はすこちゃっちかな?重さは50gしか違わないのにS68のほうがはるかに軽く感じる。