自治医大-16 低残渣食は特別食


自治医大-16 低残渣食は特別食
自治医大周辺を散歩したら結構疲れた。たった3日間グウタラ入院生活してると身体が鈍ってしまうなぁ。
17:00 風呂 パジャマと下着交換、妻が気をきかせて3泊分ではなく、5泊分持ってきていて良かった。
18:30 夕食 低残渣食
ご飯普通盛、清汁、肉じゃがS、紅白なます1/2、P100%りんごジュース
肉じゃがは挽肉だったが旨かった。

image

特別食の低残渣食って調べてみると
 入院時食事療養費(Ⅰ)の届出を行っている保険医療機関において、医師の発行する食事箋に基づいた食事が提供された場合に特別食加算(350円)が算定されるということらしい。
a:腸管の機能が低下している患者
 *クローン病・潰瘍性大腸炎等
b:検査食として特に残渣の少ない調理済食品を使用した場合。
 調理済食品・・・サンケンクリン(三和化学)・ボンコロン(大塚)など
*外来患者は対象外となる。
*大腸X線検査・大腸内視鏡検査

自治医大-15 今日一日も暇


20141130_10384510:00 VT484で暇潰してると女医の回診。VT484を見て「いいですか?Surfacepro3を考えてるんだけど…」「12インチなので大きくて重いが性能はいい・・・」等とタブレットPC談義に花が咲いた。

 

 

12:00 昼食 低残渣食20141130_120705
ご飯普通盛、Pうめびしお、煮魚・かじき80g、浸しSS、P午乳100ml
ご飯は麦飯、子供の頃に祖父のところへ行くと麦飯が出たことを思い出すなぁ。

 

 

20141130_13285313:00~14:30 暇なので自治医大病院周辺を散歩した。病院の正面左手に色々な研究センターがあり、裏には看護学校と自治医大、その奥に運動場や寮等があり、病院正面を手に子供医療センターがあった。

20141130_134444

自治医大-13 夕食 相変わらずの低残渣食


自治医大-13 夕食 相変わらずの低残渣食
18:30 夕食 低残渣食
ご飯普通盛、蒸し魚・ムキガレイ60g、練りみそ、トマトのサラダS1/2、P0.3g塩、里芋の煮物1/2。

image

きっとここでは低残渣食しか出ないんじゃないかと思う。おかずが少いのでトマト用の塩と魚用の練りみそをご飯に付けて食べた。ん~貧しい。
しかし、考えると水戸赤十字病院もここ自治医大病院も昼食が最も栄養がありそうだなぁ。まぁ夜は食べても活動しないで寝るだけだから、理にかなっているんだけど。
そういや昼のバナナ大丈夫だったな。バナナアレルギー直ったかな?今度一本食べてみよう。
20:45 もう直ぐ消灯。おやすみなさい。

自治医大-12 VT484でお仕事


自治医大-12 VT484でお仕事
11/29 昼食後はPCでお仕事を2つこなす。経肛門ダブルバルーン小腸内視鏡検査を受けるために12/1~3まで入院延長したので、最低限必要なことを、取りあえず終えた。

image

17:00 入浴、一昨日は入ったけど昨日は入れなかったから2日ぶり。さっぱりした。

自治医大-11


自治医大-11
9:00 血圧94-67、体温 36.8°C
9:40 妻が来院、
11:30 取りあえず妻には一旦水戸へ帰ってもらう。彼女にも仕事があるし。
11:45 担当医がきて、今朝の血液検査の結果が良好で問題ないと告げられる。で、外泊可だって。とは言っても妻は水戸に帰っちゃったし、片道1.5時間だし。外出も可だって言うので、明日出かけるかな?
12:00 昼食 相変わらずの低残渣食
ご飯普通盛、清まし汁1/2、鶏肉の煮物(モモ35×2)、カリフラワーのサラダS1/2、バナナ0.5本

image

鶏肉の煮物はおいしかったがサラダは味がしない。バナナ・・・実に久しぶり。数年前にバナナアレルギーになって以来食した。今のところ問題はないみたい。

自治医大-10 暇な三日間が始まる。


自治医大-10 暇な三日間が始まる。
11/29 6:00 起床
とりあえず目的の検査は終え、結果は異常無し、本来なら、今日一日様子見て明日退院だが、念のために小腸下部もダブルバルーン小腸内視鏡検査を3日後の12月2日(火)に行うことにしたため、それまでは暇が続く。まあ明日30日に退院しても翌日12月1日は再入院になるから、退院しないことにした。水戸からここまで高速使って片道1.5時間かかるし。
7:40 血圧 97-67 体温 36.7°C 体重 61.6kg
担当医の採血。その際に水便が続くのは、大腸までの流れを見るためにダブルバルーン小腸内視鏡を最深部に入れた時に造影剤を入れたためと言われた。
8.00 朝食 また低残渣食だ!
ご飯普通盛、みそ汁S1/2、厚揚げの煮物 2切、大根サラダS、Pノンオイルごまドレッシング、P午乳200ml。相変わらず味がしない。低残渣食以外はないのかなぁ。

image

自治医大-9 同室の患者


自治医大-9 同室の患者
三人部屋で私が最も新しい患者。ー人は腸狭窄で、ダブルバルーン小腸内視鏡を肛門から入れて狭窄部を拡張の措置を受け、明日29日に退院。この措置は6度目らしく、年に1回くらいうけるらしい。今回は予定の受診前に腸閉塞を発症し救急搬送。もう一人は肝炎で、その原因が小腸から肝臓へ栄養を運ぶ血管(門脈)に血栓ができてるらしい。食事と投薬、点滴等で治療をしている。
11/28 20:30 血圧 103-69 体温 36.5°C
21:30 消灯時間も30分過ぎたし、寝ます。
おやすみなさい。

自治医大-8 夕食 低残渣食


自治医大-8 夕食 低残渣食
17:00 まだ排便が続く。
血圧 107-71 体36.4°C
18:00 回診、担当医の触診、小腸下部の検査のスケジュールがまだ決まらないらしい。
18:30 低残渣食 ご飯普通盛、すき焼き風煮、ササミ入り春雨サラダS、P午乳100ml。今までで一番まとも。すき焼き風煮は、おいしかった。

image

19:00 担当医がきて、火曜日に検査できるということなので検査してもらう。何もなければ水曜日午後に退院可能だそうだ。