第35回 千葉マスターズ陸上競技選手権大会 2016年7月31日


 一週間前の7月23日に実施された関東マスターズ陸上選手権大会では、まさかの150×××をやらかして、記録は今シーズン最低の140㎝だった。今シーズンは160㎝跳びたいので、基本的に150㎝を跳べないと意味がない。そこで、130㎝(軽く練習) →140㎝(背面跳びの確認)→150㎝(本気モード)と150㎝までは10㎝刻みでパスを多用している。従って、関東マスターズ陸上選手権大会みたいにまさかの150×××だと、記録は145㎝ではなく、140㎝になってしまう。しかし、150㎝跳べないと意味がないので、これは続けていこうと思う。
 さて、この千葉マスターズ選手権大会では、自宅を5:30頃に出て8:00前に到着、今回は9:00 走幅跳、11:30 三段跳、13:40 走高跳で走高跳は最後。

結果は
走幅跳 M55 2位 4.98(+2.7)(マスターズ自己ベストタイ)
4.98(+2.7) 4.87(+1.2) 4.91(+1.8)
公認記録は4.91mで茨城マスターズ陸上競技選手権大会に次ぐマスターズ自己ベストタイ、5mまでもう少しなんだけどなぁ!!
走幅跳の一位は東京のY下さんで5.40(+2.3)

三段跳 M55 2位 10.27cm(+1.4)(マスターズ自己ベスト)
9.78(+1.9) 10.27(+1.4) 9.69(+0.9)
11m跳びたいけど少し遠いかなぁ?
三段跳の一位は走幅跳と同様、東京のY下さんで11.03(+1.2)
2位でもマスターズ自己ベストが出たからよい!!

走高跳 M55 2位 155㎝ (シーズンタイ)
130〇 140〇 150Ⅹ〇 155Ⅹ〇 160ⅩⅩⅩ
160跳びたいな、今回は走幅跳、三段跳の後の走高跳でシーズンタイだから良しとするか!?
160の試技は今回よりも富岡の方が良かったかも? バネが無くなってたな!
助走リズムは元に戻して8歩助走タン・タン・タン・タ・タ・タ・タ・タン。これが良かったかな?
あとは、内傾を意識したのもよかったと思う。

走高跳の1位は関東選手権の時と同様、M55日本記録保持者の千葉のK川さんで関東選手権では155㎝だったが、今回は165㎝。別格だな。IMGP2374-2

一応、すべて2位。

とりあえず、今シーズンのベスト記録を少しまとめてみると
走高跳 155㎝ 富岡マスターズ陸上競技記録会  千葉マスターズ陸上競技選手権大会
走幅跳 4.91m(+1.8)茨城マスターズ陸上競技選手権大会 千葉マスターズ陸上競技選手権大会
  マスターズ自己ベスト(参考記録 4.98m(+2.7)千葉マスターズ陸上競技選手権大会)
三段跳 10.27m(+1.4)千葉マスターズ陸上競技選手権大会
  マスターズ自己ベスト 

妻の実家の墓地


妻の実家の墓地の写真を撮ってくれという依頼があった。この墓地は吉相墓と言って五輪塔が右奥に配置され、その左側に続いて代々墓が配置されている。そして右手間には地蔵尊墓が配置されているのだが、場所が手狭のために、まとめるのだそうだ。五輪塔は合祀供養塔として、なくなって50年以上たつ先祖の戒名が刻まれている。代々墓は、亡くなって50年以内の仏様で、夫婦を一つの墓で祀る「単祀墓」=「夫婦墓」を建立している。
どのようにしてまとめるのか不明だが、とりあえず撮影してみた。撮影だけでは背景の処理が難しい。IMGP1999IMGP2016

電灯スイッチ交換


DSC_0293DSC_0292 自宅も築25年ですが、色々悪くなってきています。築10年の時に外壁を塗り替え、屋根の再塗装をしました。上の子が中学に入ったときに子供部屋のリフォームをし、数年前にはほとんどの電灯をLED化しました。最近、キッチンのリフォームでもしようかと妻と話していたところですが、今日、洗面所の電灯スイッチが壊れてしまいました。電気接点が悪くなったのではなく、機械的にスイッチが押し込めなくなってしまいました。そこでホームセンターに行ってスイッチを購入してきて交換することにしました。値段は350円ほど。
 交換はいたって簡単で、対象スイッチのNFBを切りプラスチックカバーを外します。内側に中のBOXとボルトで止めてあるので、そのボルトを外します。中では2本の電気ケーブルがスイッチに差し込まれています。そのわきにある隙間にマイナスのドライバーを差し込み強く押すと電気ケーブルを抜くことができます。あとは、逆順で取り付けるだけです。

新旧のスイッチを比較すると黄ばんでいるのが良くわかります(笑)。

DSC_0294

第25回 関東マスターズ陸上競技選手権大会 2016年7月23日


DSC_0317 関東マスターズ陸上競技選手権大会がありました。江戸川区陸上競技場まで、車で7:30頃出発し、10時前には到着し、駐車場も空いていました。今回は走高跳のみの参加です。富岡マスターズ陸上競技記録会8歩助走のリズムをタン・タン・タン・タ・タ・タ・タ・タンのリズムにかえて、今シーズンのシーズンの155cmを跳べました。この関東マスターズ陸上競技選手権大会では160㎝を目指して、一歩助走を長くして、助走リズムをタン・タン・タン・タン・タ・タ・タ・タ・タン9歩助走リズムにかえてみました。その結果・・・

走高跳 M55 4位 130㎝ 140○ 150××× (シーズンワースト)IMGP2373-2

1位155、2位150、3位150、先日の富岡マスターズ陸上競技記録会の155が跳べていれば・・・
思うまい・・・

反省点は、
1.8歩助走リズムから一歩増やした9歩助走リズムが良くなかったか?
2.アップの際、バウンディングで9歩助走リズムの練習のしずぎで脚に負担がかかったか?
3.7月22日に配信開始されたポケモンGoをやってて、集中力を欠いていたか?(ライチュウGetだぜぇ)

次の千葉マスターズ選手権大会で頑張ろう!!

で、この後、世田谷に住む長男のところに行き、夜は自由ヶ丘の磯丸水産で呑んだ泊。翌日、凝りもせず長男とともに世田谷公園へ行って、ポケモンGoをやってる自分がいるorz。


 

今年(2016年)の梅酒


IMGP1985IMGP1987

 今年は、残念ながら、梅の花が思ったより咲かず、5月22日に収穫した梅の実もに2.6㎏程度です。これでは梅酒は2本分がせいぜいでした。昨年は8kg近く収穫があったのに…上の写真は収穫した梅の実を洗ったもので、その右の写真は5月22日に作成した梅酒です。さて、本日、6月19日、ほぼ一ヶ月漬けた梅酒を見てみました。
 赤い蓋の左の二瓶が今年5月22日に漬けた梅酒で、右の白い蓋の便が昨年6月9日に漬けた梅酒です。今年の梅酒は梅の量が少ないことからアルコールの量も少なくしてあります。まだまだ、梅のエキスが出ていないです。昨年の梅酒はこの残り一瓶なので、ゆっくり飲みますか…

IMGP2079

さわら山車祭り (佐原大祭)


 鹿島神宮へ行き、かんぽの宿の後は佐原の大祭へ。7月15日~17日まで、山車祭りだそうだ。16日朝9:30頃かんぽの宿を出て【利根川河川敷臨時駐車場】へ。
IMGP2135IMGP2138
 
臨時駐車場わきから伊能忠敬記念館のほうへ向けて小野川をシャトル船に揺られて1kmくらい乗船する。7~8人くらい乗れる船外機だ。向かってくる他のシャトル船とすれ違うと、波立ち揺れる。下船する。この辺りは小江戸的な風情のある街並みだ。
 早速、山車が現れる。いわゆる金太郎だ。この山車の上部には江戸や明治期の名人人形師によって制作された高さ4mほどの大人形が飾られている。その一つがこの金太郎だ。

IMGP2139IMGP2141
IMGP2143 男性が山車を引いて、その前を女性が踊っている。山車の前方では2本の丸太が斜めに差し込まれている。後で訪れた山車会館の館長に尋ねたところ、てこ棒という直径20cmほどの棒で、これを斜めに前輪車軸の下に差し込み、ブレーキを掛けたり、方向を誘導したりするそうだ。
 いくつか山車を見た後に、伊能忠敬旧宅を見学した。伊能忠敬は江戸時代に精巧な日本地図を作成するのに尽力した測量家で1800年から1816年まで、17年をかけて大日本沿海輿地全図を完成させたことで、有名だ。

IMGP2146IMGP2148IMGP2150
 こちらの鯉の山車の鯉は麦藁細工で佐原の町内に住む人達によって作られた昔ながらの飾り物で、この恋の他に稲藁細工の鷹等の山車もある。この鯉の山車が十字路で曲がるところを見た。そもそも山車には4つの木製車輪だけで、車軸自身が曲がるわけではないので、方向転換は大変だ。しかも、4tほどの重さがあり、囃子を奏でる人たちが10名ほど乗っている。
IMGP2151IMGP2152
IMGP2153IMGP2155 てこ棒と車軸が擦れる音。地面と車輪がこすれる音。ギシギシと大きな音を立てている。前の2本のてこ棒で方向を定めつつ、後ろの2本のてこ棒で曲げていきます。周りの男性たちが力いっぱい方向転換している様は圧巻。

 山車会館近くの、八坂神社では多くの出店が出てお祭り気分が味わえる。山車会館の中では館長が丁寧に説明してくださる。山車祭りは夏秋あるので、秋に使う山車が医大保管されていた。それぞれの山車は、各町内で保管しているそうだ。また、4mを超える山車は電線などをくぐることができないので、舞台のセリのような構造を各山車で工夫しているらしい。
IMGP2156
 そして最後に見たのは菅原道真の山車。昼で休憩中らしい!!
帰りは、道の駅 水の郷 さわらで昼食をとって、水戸まで1時間ちょっとのドライブ!!

道の駅いたこのツバメ


鹿島神宮の後は、お土産でも見ようかと「道の駅いたこ」に寄った。まぁ、妻が【道の駅】が好きなだけなのだが…

IMGP2116IMGP2117

そこでは、2016年7月16日~18日まで、第12回『珍しい車の夏祭り』を開催するにあたり、前日ということで、いくつかの車が展示されつつあった。
それよりも、ツバメの巣が非常に多い。軒先のいたるところにツバメの巣ができている。

IMGP2114IMGP2113

そして、

IMGP2119親鳥を待っているところに、突然現れた親鳥に向かって一斉に大声をあげて餌の要求をするひな鳥たち

IMGP2120

IMGP2122

そして、一瞬のうちに餌を与えた親鳥が飛び去ると、一斉に静かになるひな鳥たち。かわいいものでした。

そのあとは。かんぽの宿に入り、温泉、夕食、夕食ではナマズのてんぷらを頼んだ。結構おいしい。意外とさっぱりしている感じ。鹿島神宮の要石に頭を押さえつけられれていたせいか(笑)。しかし、飲みすぎですぐに就寝。翌日目覚めて、まず温泉。朝食はバイキング。写真は撮り忘れたが、和食系で種類が多い。食べすぎだ。IMGP2132

9時半ころチェックアウトして佐原へ、山車祭り見に行く。

久しぶりの鹿島神宮


 10年くらい?いやもっと前かな?鹿島神宮をお参りしたのは・・・
木曜(2016年7月14日)から、長男が帰省しているので、15~16日と潮来に小旅行してきました。

IMGP2087IMGP2090初日は水戸から鹿島神宮に行ってきた。駐車場にFit3を停める。
 売店の左を通り抜けて、大鳥居に出る。チョコと写っているのは妻(笑い)。以前は御影石の鳥居だったのだが、2011年3月の東日本大震災により倒壊したので、境内に自生する杉の巨木を用いて同じ寸法の鳥居が平成26年6月1日に再建されたそうだ。ということは、できて1か月余りかな? 大鳥居をくぐり抜け先へ進むと桜門が現れる。この桜門は日本三大桜門だそうだ。重要文化財で、1634年に水戸光圀いわゆる水戸黄門の父に当たる初代水戸徳川藩主の頼房卿により奉納されたとのこと。IMGP2108IMGP2107  桜門を抜けると右手に本殿が見える。この本殿は1619年に2代将軍の徳川秀忠公が寄進したもので、重要文化財。本殿で参拝して先に進むと左の案内図と境内の案内板が現れる。この案内板を横目に境内を先に進む。奥参道は大木の杉の木があり木陰はかなり涼しい。天気があまり良くないが、天気の良い時でも結構涼しいのではないだろうか?

IMGP2092IMGP2091
 そして、奥参道内左手には鹿園がある。上の「神鹿について」に書かれているが、「藤原氏が767年に鹿島神宮の氏神の御分霊を奈良にお遷しして春日大社を創建する際に神鹿の背に乗せて奈良まで運んだそうです」奈良の鹿と鹿島神宮の鹿にはこのようないわれがあったようです。
IMGP2094IMGP2093
IMGP2097IMGP2098IMGP2102
 この鹿園を抜けると奥宮がある。この奥宮は1605年に徳川家康が関ヶ原戦勝の御礼に本宮として奉納したもので、その14年後に新たな社殿を建てるにあたって遷してきたものだそうです。ちなみに、写真に写りこんでいるのはやはり妻です。いつも私より前にいる(笑)。奥宮の左側を抜けて、十字路にでる。すると上の医師の像が左手に見えるが、そのまままっすぐ進むと要石が現れる。

IMGP2100IMGP2099IMGP2101
 要石は地中深くまで埋まっていて、地震を起こす鯰の頭を抑えていると古くから伝えられていて、鹿島では地震による被害が少ないそうだ。ただ、残念ながら上にも書いたように東日本大震災では、大鳥居が倒壊してしまったが・・・この要石にはいくつかの伝説があって、その一つには、水戸黄門(徳川光圀公)がどこまで深く埋まっているか確認するために7日7晩にわたって掘らせたが、結局、怪我人が続出し諦めたと言われている。なんか、見ると風雨等で浸食されていて、沖ノ鳥島状態だった。
 そして、要石を後ろに奥宮まで戻り、さらに、奥宮を後ろに階段を下りていくと御手洗が現れる。

IMGP2103IMGP2104IMGP2105
 1日に40万リットル以上の湧水があり、昔は、こちらが、参道の起点だったらしい。散策には結構時間がかかるが、久々に森林の中に身を投じた気がした。
  そして、鹿島神宮を後にして道の駅 いたこへ・・・

富岡マスターズ陸上競技記録会 2016年7月10日(日)


IMGP2084富岡マスターズ記録会がありました。
水戸から富岡までは200kmほどありますが、ほとんど高速を使えるので、休憩を入れて2時間半ほどでつきました。以前、富岡に行ったのは製糸場が世界遺産に登録された時です。6時ころ出発して到着したのは8時20分頃。
到着して受付すますと、右の記念品が、富岡製糸場のバッグとポカリ。

何時ものように400mジョグ、ストレッチ、400mジョグ、ストレッチと準備運動して高跳びピットへ?
あれっ?高跳マットが第三コーナーと第4コーナーの外側に、そうちょうど、3000m障害の水郷のあるあたりです。そこで、OG原さんにお聞きすると、フィールド内側の全天候舗装部分が硬く、使い勝手が悪いので、第2コーナーと第4コーナーの間を助走路として使うということでした。
で、助走マーカーを貼ろうと靴幅で測り始めるとどうも曲がってしまいます。そう、レーンの白線がコーナーで曲がっているために目が惑わされてしまうのです。どうにか、直線を確保してマーカーを貼りました。

競技は 9:30
走高跳 M55 1位 155cm(シーズンベスト)
130〇 140〇 150XX〇 155X〇 160XXX
北海道マスターズ記録会のあと、助走を少し長くして、8歩助走のリズムを変えました。タン・タン・タン・タ・タ・タ・タ・タンのリズムです。160の一回目は惜しかったかな?150の3回試技で160では踏切の踏ん張りがきがなくなってた。でもシーズンベストが出たから良しとしよう。次の関東マスターズでは160を跳ぶぞ!!

次に 10:30
走幅跳 M55 2位 483cm(+1.6)
483 F 443(左)
走高跳の直後で一回目は何とか踏切が合ったのですが、2回目はファウル。3回目は何と逆脚ジャンプ。直前の北海道マスターズ記録会487を後5cm越えられなかったのが残念!!

そして、12:30から
三段跳 M55 2位 10.11m(+0.9)
9.78 10.11 9.44
マスターズ2度目の三段跳は走幅跳で踏切が合わなかったので、かなり助走練習したので疲れました。こちらも直前の北海道マスターズ記録会10.17と大差ないが、あと6cm越えられなかったのは残念。

IMGP2085賞状と一位の副賞はコンニャクセット(笑)暑かったけど楽しい1日でした。

13584765_1030080767079130_5980112164924428038_o13653307_1030080570412483_657479719613921734_o
長野のM本さんに高跳チームの記念写真を撮ってもらいました(笑)

そして帰宅してから、ビール、もつ焼き、紅乙女ロック(焼酎)の後は、ニッカBlack DeepBlendロック(ウィスキー)で・・・飲みすぎか(笑)

13603282_926786794098990_4362241662753330719_o13600204_926789374098732_8766944609702067340_n13631501_926793467431656_6319699691831758285_n

バーテープ交換


DSC_0261 DSC_0264DSC_0258

 通勤に使ってるロードのバーテープが擦り切れてきた。このFelt Z80を購入(2009/5)してから全く交換してないので、7年間かぁ。まぁ、汚れるし、擦り切れもする。バーテープの予備は3年くらい前に購入してあったので、それを使う。使ったのはこれ、OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [コルクタイプ] BT-01 ホワイト だ。コルクタイプは握った感じが適度に柔らかく、強く握ると硬さを感じるので疲れにくく、使いやすいと思う。裏面に両面テープが貼ってある白のバーテープ2本エンドキャップ2個OGKロゴの入った黒のエンドテープ2枚ブラケット部分の隠しテープが2枚がセットになっている。
DSC_0264DSC_0266DSC_0269

DSC_0259

 

 まずは、古いバーテープをほどきます。予め、ブラケットカバーをめくっておき、エンドテープ側からほどいていきます。完全にほどいて、古いエンドキャップも外してしまいます。このFelt Z80のバーにはアンダーバーテープが巻いてありました。あらかじめ用意しておいたフクピカとパーツクリーナーでハンドルの汚れを取ります
 次に、バーテープを巻き始めるのですが、その前にまず、ハサミを手の届くところに置いておきます。これが意外と重要で、バーテープを巻き終わった後に、余分なテープを切らなければなりません。手元にないとあたふたしてしまいます。そして、バーテープの裏紙をすべてはがしておきます。あとから、はがそうとは思わないほうが良いです。巻いている間は、手がふさがってしまうので・・・。それから、もう一つ重要なのDSC_0275が、ビニールテープを用意しておくことです。私は黒のビニールテープを準備しました。バーテープ付属のエンドテープは接着力が弱いので、ビニールテープで止めてそれを、付属のエンドテープで隠すのが良いと思います。また、予めブラケット部分の隠しテープもブラケット部がちょうど隠せる長さに切って、裏テープをはがして手の届くところに貼っておきます。
 バーテープの巻き方はエンド側から、内側に向かって巻いていきます。左ハンドルは時計巻き右ハンドルは半時計巻きです。バーテープの巻き始めは、テープの幅が全部出るところから一周したときに1/3が重なるように巻きます。少し強めに引っ張って内側へ内側へと巻いていきます。ブラケット部に来た場合には、ブラケット部を隠すようにブラケット部分の隠しテープを貼って、その上からバーテープを巻いていきます。ハンドルのカーブ部分は外側を常に1/3だけ重なるように巻いていきます。従って、内側は重なりが多くなります。巻き終わったら、ビニールテープで止めて、エンドテープを貼ります。また、エンド部は余ったテープを適当に内側へ巻き入れてエンドキャップで止めます。この時、余分なテープは少し切ってしまってもよいですが、かならず、ハンドルの内側にバーテープを押し込みましょう。

DSC_0277

 このように、きれいに巻けました。左は新しく巻いたバーテープ、右側は古いバーテープ。色が全然違う(笑)。