ハンドストラップ派


皆さんは一眼レフに使用するストラップはどうしているでしょうか?
ネックストラップ?
ハンドグリップ?
ハンドストラップ?

実は私はハンドストラップ派なんです。

どうしてかというと基本カメラはカメラバッグなどに収納して持ち運ぶので、首からぶら下げることはないのでネックストラップは使用しません。
ではハンドグリップは? というと、基本、右手が塞がるのが嫌なのです。
ハンドストラップだって、右手が塞がるのでは? と思うかもしれませんが、私はハンドストラップを一眼レフの左手側に取り付けます。
なぜなら、一眼レフを構える時に左手でレンズの下を支えること、一眼レフを持ち歩くときに左手でレンズを鷲掴みにして持つことから、左手首に通すことのできるハンドストラップを一眼レフの左側に取り付けます。
写真左はPentax Q7につけたハンドストラップ、右はPentax K-5IIsに取り付けたハンドストラップです。DSC_0781
ところで、一眼レフのPentax K-5IIsには左手側にハンドストラップがついているのに、なぜPentax Q7 は右側についているのか? というと、レンズ交換式コンパクトカメラで小型軽量なので右手が塞がっても不自由がないことと、左手でレンズ下を支える必要がないためです。まぁ片手撮影が多いことも理由です。今迄のハンドストラップは、ずっと同じ物を使用していました。ETSUMI ハンドストラップ アクション 一眼レフ用 ブラック E-6711 で結構安いです。DSC_0782

ということで、今回、予約したPentax KP用に予備バッテリ等に引き続いて、新たにハンドストラップを購入してしまいました。まだ、KPも届いていないのに性懲りもなく・・・
購入したのは左のハンドストラップで長さ調節可能のものです。

ちなみにストラップの取り付けはニコン巻きです(笑)