「ロード」カテゴリーアーカイブ

バーテープ交換


DSC_0261 DSC_0264DSC_0258

 通勤に使ってるロードのバーテープが擦り切れてきた。このFelt Z80を購入(2009/5)してから全く交換してないので、7年間かぁ。まぁ、汚れるし、擦り切れもする。バーテープの予備は3年くらい前に購入してあったので、それを使う。使ったのはこれ、OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [コルクタイプ] BT-01 ホワイト だ。コルクタイプは握った感じが適度に柔らかく、強く握ると硬さを感じるので疲れにくく、使いやすいと思う。裏面に両面テープが貼ってある白のバーテープ2本エンドキャップ2個OGKロゴの入った黒のエンドテープ2枚ブラケット部分の隠しテープが2枚がセットになっている。
DSC_0264DSC_0266DSC_0269

DSC_0259

 

 まずは、古いバーテープをほどきます。予め、ブラケットカバーをめくっておき、エンドテープ側からほどいていきます。完全にほどいて、古いエンドキャップも外してしまいます。このFelt Z80のバーにはアンダーバーテープが巻いてありました。あらかじめ用意しておいたフクピカとパーツクリーナーでハンドルの汚れを取ります
 次に、バーテープを巻き始めるのですが、その前にまず、ハサミを手の届くところに置いておきます。これが意外と重要で、バーテープを巻き終わった後に、余分なテープを切らなければなりません。手元にないとあたふたしてしまいます。そして、バーテープの裏紙をすべてはがしておきます。あとから、はがそうとは思わないほうが良いです。巻いている間は、手がふさがってしまうので・・・。それから、もう一つ重要なのDSC_0275が、ビニールテープを用意しておくことです。私は黒のビニールテープを準備しました。バーテープ付属のエンドテープは接着力が弱いので、ビニールテープで止めてそれを、付属のエンドテープで隠すのが良いと思います。また、予めブラケット部分の隠しテープもブラケット部がちょうど隠せる長さに切って、裏テープをはがして手の届くところに貼っておきます。
 バーテープの巻き方はエンド側から、内側に向かって巻いていきます。左ハンドルは時計巻き右ハンドルは半時計巻きです。バーテープの巻き始めは、テープの幅が全部出るところから一周したときに1/3が重なるように巻きます。少し強めに引っ張って内側へ内側へと巻いていきます。ブラケット部に来た場合には、ブラケット部を隠すようにブラケット部分の隠しテープを貼って、その上からバーテープを巻いていきます。ハンドルのカーブ部分は外側を常に1/3だけ重なるように巻いていきます。従って、内側は重なりが多くなります。巻き終わったら、ビニールテープで止めて、エンドテープを貼ります。また、エンド部は余ったテープを適当に内側へ巻き入れてエンドキャップで止めます。この時、余分なテープは少し切ってしまってもよいですが、かならず、ハンドルの内側にバーテープを押し込みましょう。

DSC_0277

 このように、きれいに巻けました。左は新しく巻いたバーテープ、右側は古いバーテープ。色が全然違う(笑)。

リアシフトインナーケーブルの交換


20160123_101901

 昨日(2016年1月22日)、帰宅時のロードバイクのリアシフトケーブルが切れた。一昨日の通勤時にはパンクしたばかりなのに、続くもんだ。まぁ、シフトが決まりにくいという予兆はあったんだが・・・リアが切れるとギアはHighの最も重いところになる。結構つらかった。
 ということで、今日はリアシフトケーブルの交換をした。切れる前だと交換は容易だが、切れる場合はシマノSTIの中で切れることが多いので、切れてしまうと交換がなかなか面倒だ。写真のようにSTIとシフトアウターケーブルの途中で切れてしまう。STIの中からケーブルを取り出さなければならない。切れるときはリアのギアをHighからLowにあげるときに起こるから、STIの中20160123_103334ではシフトワイヤーを巻いている状態なので、太鼓が中に引き込まれている場合があります。
 そこで、STIをHighになるまで、カチカチと送ります。すると、左の写真のように太鼓が出てきますので、これを上手に抜きます。
 そして、切れた先のシフトインナーケーブルをディレイラーから外し、足府とアウターケーブルも外します。
 シフトインナーケーブルを準備。パンクとシフトケーブル切断は結構あるので、予備をそろえています。

20160123_101719
 まずは、アウターケーブルの中を掃除します。パーツクリーナーを中に吹き付けると黒い汚れが古いグリスとともに出てきます。きれいになったら、インナーケーブルにグリスを塗り、アウターケーブルに何回か通して。アウターの中にグリスをなじませます。これで、次の交換の時に汚れがグリスとともに流れ出てきます。
20160123_10355420160123_10393020160123_104350
 そして、交換。この時もSTIはHighにしておきます。そうすれば、写真のようにきちんと太鼓が収まります。
20160123_10445020160123_10464820160123_104835
 そして、アウターケーブルを正しい経路に這わせつつ、インナーケーブルを這わせ、リアディレイラーに取り付けます。初期伸びがあるので、2速に上がらない程度にHighより少し強めに張っておきます。そして、余分なワイヤーを切ってエンドキャップをかしめれおしまい。

20160123_11060220160123_110619

 ディレイラーの動きをHighからLowまで確認する。

ブレーキシューの交換(ロードメンテ)


IMGP1429 ロード通勤を再開してブレーキの効きが悪いことに気が付いたので、交換することにした。Shimanoのブレーキシューの交換は簡単なので、交換方法は記載しません。ちなみに、交換したシューはR55C3からR55C3です。右の写真は新しいシューのパッケージです。

IMGP1432

 そして左の写真は使用済み使用後のシューです。もちろん上が、使用後で下が使用前です。

さて、ブレーキシューの交換で、予備がなくなったので、これを機にいろいろパーツを注文しました。

Wiggleでロード用のレスプロマスクとフィルター、ブレーキシューにチューブをお買い物。
Respro Sportsta Face Anti Pollution Mask(Black Large) x1
Respro Sportsta Filter(Large) x1
Shimano BR9000 R55C4 Cartridge Inserts – Pair x2
Vittoria Road Inner Tube(Presta 42mm 700 x 1923) x1

そして、楽天のザ・パワフルでロード用にタイヤやシフトケーブルなどもお買い物。
Panaracer CATEGORY S 700×23C カラー:レッド
Proパッチシート R 64枚 
SHIMANO SUS シフトインナーケーブル 1.2mm×2100mm 
Vittoria インナーチューブ Ultralite 700×19/23C 42mm 仏式

本格的ロード整備完全版


 ハブの分解も含めた自転車整備をしたので完全版として記載しておきます。なお、洗浄や整備はバケツと中性洗剤、ブラシ、ホース、自転車スタンド(私は木製の台を使ってます)、パーツクリーナー、チェーンルブ、グリス、その他工具を使用します。

フレーム洗浄
 ライトやサドルバッグなどの装備品と前後ホイール、チェーンを外したフレームを木製の台の上に立て、バケツの中に入れた水で薄めた中性洗剤にブラシを浸してごしごしジャブジャブ洗います。油汚れのひどい前後ブレーキ、前後ディレーラー、BB下を入念にブラシでこすります。なお、BB周りはクランクを外して洗浄しない場合には、グリスが流れ出るといけないので、注意して洗います。

逆さにしてフレーム洗浄
 最初はサドルを上にして洗い、次にサドルを下にして入念に洗います。フレームについた中性洗剤はホースで水をぶっかけてきれいに洗い流します。その後、簡単にウェスで水を拭きとり、フレームを干して乾かします。なお、乾かす時も上下を入れ替えて、フレーム内にたまった水を良く切るようにします。
 フレームが乾いたら、前後ブレーキ、前後ディレーラー、それぞれのワイヤー周りにはパーツクリーナーを吹き付け入念に油分を落とします。可動部分を動かしながら丁寧に洗浄します。

0429フレーム洗浄0429フレーム洗浄裏返し

ホイール洗浄
 フレームを乾かしている間にホイールを洗浄します。前ホイールはそのまま、後ホイールはスプロケットを外します。タイヤは付けたままでOKです。こちらもフレームと同様に薄めた中性洗剤でブラシを使用してごしごし洗います。ブレーキの接触するリムサイドは入念に洗います。もし、ハブを分解してグリスアップしないのであれば、前後輪ともハブ周りは水を掛けないように注意します。なお洗剤は、フレーム洗浄に使った残りで十分です。
ホイールも乾燥
 ブラシで洗浄を済ませたら、やはりホースで水をぶっかけ、中性洗剤を洗い流して、どこかに立てかけて乾燥させます。乾燥したら、リムサイドにパーツクリーナーを吹き付け、脂分を丁寧に拭きとります。

0429ホイール洗浄 0429ホイール乾燥

チェーン・スプロケット スプロケットとチェーンの洗浄
 フレームとホイールを洗浄する前に外したスプロケットとチェーンを軽油にドブ漬して油を浮かせておきます。浸したあとは、この灯油の中でガシャガシャ洗います。十分汚れを落としたら、スプロケットとチェーンを灯油から出して新聞紙などの上で乾かしておきます。使用済みの灯油はペットボトルに入れて取っておきます。しばらく置いておくと汚れが沈殿するので、次に洗浄するときに上澄みの灯油だけを使います。乾いたスプロケットとチェーンは灯油だけできれいにならない場合が多いので、私はパーツクリーナーで再度洗浄します。チェーンの可動部分にごみが残らないように吹き付けて洗浄します。

0429ルブ・クリーナーパーツクリーナーで洗浄後はチェーンのみチェーンルブで注油
 パーツクリーナーが乾いたらチェーンルブで注油ですが、スプロケットには注油はしません。チェーンは可動部分に注油をします。余ったオイルはぼろきれで十分ふき取ります。可動部分にしみ込んでいれば、後はいらないオイルですので、埃を呼ぶだけです。

0429BB周りの洗浄 BB周りとクランク洗浄及びグリスアップ
 フレームが乾燥したらクランクを外します。BB自体は分解せずに、BB周りの汚れたグリスを布でふき取っておきます。クランクはギヤ周りを中心に洗浄します。ギヤにはパーツクリーナーを吹き付けて油汚れを落とすとよいでしょう。
 きれいになったら、BBにはグリスを詰めます。中にある溝に隙間なく入るようたっぷりと塗り込めます。クランクを押し込むと余ったグリスが出てくるので丁寧に拭きとります。クランクを閉め込んでBB周及びクランク周りは終了。

0429SPDペダルの洗浄 SPDペダルの洗浄と注油
 SPDペダルもばねの部分にパーツクリーナーを吹きかけて洗浄します。ペダルの回転部分には吹き付けないように注意します。パーツクリーナーが乾いたら注油です。回転部分には注油はしません。SPDのばねと可動部分のみチェーンルブを注油します。

後ハブの分解整備
 後ハブを分解する左右にベアリングボールが入っています。無くさないように分解します。このハブには左右ともに9個ずつベアリングボールが入っています。写真はスプロケット側から見たハブ内部です。
後ハブベアリングボール
 取り出したボールは全部で18個、パーツクリーナーで洗浄します。
後ハブのグリスアップ
 汚れたグリスとふき取り、中をきれいに洗浄したら、グリスをたっぷり詰めます。
後ハブにボール詰め
 グリスを詰めた後にボールを所定の位置に入れ、更にグリスで覆います。
後ハブのスプロケットと反対側も同様に
 スプロケットと反対側も同様にボールとハブ軸を洗浄し、グリスを詰めボールを配置します。

0429後ハブスプロケ側洗浄前  0429後ハブボール  0429後ハブグリス  0429後ハブグリスとボール  0429後ハブ反対側

 

0429後ホイール整備終了 後ホイール整備終了
 ハブ軸を戻し、スプロケットを取り付け、後ホイールの整備は終了です。

前ハブの分解整備
 前ハブも基本は後ハブと同様です。が左右10個ずつで後ハブより小さめのベアリングボールが入っています。

前ハブベアリングボール
 取り出したボールは全部で20個、パーツクリーナーで洗浄し 汚れたグリスとふき取り、中をきれいに洗浄したら、グリスをたっぷり詰め、後にボールを所定の位置に入れ、更にグリスで覆い、 ハブ軸を戻し、前ホイールの整備は終了です。

0429後ハブ反対側  0429前ハブボール

フレーム周りの注油
 残りはフレーム周りの注油です。パーツクリーナーで洗浄してあるので、前後ブレーキや前後ディレーラーの可動部分にチェーンルブを注油します。余った油は埃を呼びますのできれいにふき取ります。

フレームの仕上げ
 仕上げはぼろきれに少しパーツクリーナーをつけてフレームをよく拭きます。パーツクリーナーは塗装を痛めるので、汚れているところのみに使用します。最後は車用の洗車シートのフクピカで丁寧に拭き上げます。

ワックスがかかり、きれいに見えます。
 きれいになったところ、チェーン、前後ホイール、外した装備を取り付けて整備終了です。

ロード


20150328 MAP トレンド 昨日、今日(2015年3月28日)と続けてロードに乗ってきました。1ヶ月ぶり。本当は、先々週あたりから、ロード通勤を再開しようと思ってたのだが、3月14日にアキレス腱とふくらはぎを痛めてしまったため、安静にしていました。怪我の詳細は上の別稿に譲るとして、この二日間の感触を書いておきます。右が今日の帰路のトレンドです。やはり疲れがまだ大きいですね。でも走るのは気持ちが良い
 下には、昨年9月と先月そして、昨日今日の走行データを上げておきます。いずれも往路20kmを走行した後の帰路20kmのデータです。

帰路 2014/9/12 2015/2/28 2015/3/27 2015/3/28
距離(km) 20.02 19.44 30.20 19.47
所要時間 45:57:11 48:07:64 1:11:06.91 46:32.67
平均速度(km/h) 26.2 24.2 25.5 25.1
最高速度(km/h) 48.3 41.0 39.5 42.4
平均心拍数(bpm) 135 161 159 155
最大心拍数(bpm) 164 179 177 175
平均ケイデンス(rpm) 81 74 80 81

さて、昨日今日の走行データーと先月と昨年9月のデータを比較すると少しは体力が戻ってきているようです。平均心拍数が下がってきて、平均速度やケイデンスが上がってきています。ふくらはぎおよびアキレス腱の損傷はロードの通常走行にはあまり影響はないようです。ただ、急加速時や坂道などで踏み込みを強くすると少し痛むかな?
 逆に少し痛む程度で走行するほうが、リハビリにはいいかもしれませんね。これなら、来週からロード通勤再開できそうです。

 

20150228 MAPとトレンド 昨年9月中旬に腸閉塞を患って2週間入院し、10月上旬に白内障手術(これは昨春からの予定通り)、そして、12月に上旬に検査入院をした。白内障手術後3ヶ月くらいは激しい運動や目に汗の入ることは避けたほうが良いので、しばらくロードでの通勤を控えていた。2月に入って、陸上の練習を再開したことによりロード通勤のタイミングを計っていたが、今日(2015年2月28日)天気が良いので、通勤経路、往復40kmを休憩10分挟んでロードで走ってみた。疲れた。右の図がマップとトレンド。入院直前と今日を比べてみる

帰路 2014/9/12 2015/2/28
距離(km) 20.02 19.44
所要時間 45:57:11 48:07:64
平均速度(km/h) 26.2 24.2
最高速度(km/h) 48.3 41.0
平均心拍数(bpm) 135 161
最大心拍数(bpm) 164 179
平均ケイデンス(rpm) 81 74

で注目すべきは心拍数です。入院前は平均心拍数135bpmだったのに、今日は161bpmと2割ほど上がっています。これは、入院前の最大心拍数に匹敵します。それにもかかわらず、平均速度は26.2km/hから24.2km/hへ、ケイデンスも81rpmから74rpmと共に8%程度下がっています。これをみると、実運動強度的には8%程度下がっているのに体は2割も余計に疲れてしまっているということです。体力が極端に落ちていることが判ります。さて、最初の陸上競技会が始まるまでに戻せるか否か?