自治医大-28 さぁ退院


自治医大-28 さぁ退院
12/3 6:30 起床 体温 36.9’C 血圧 116-87
身長 180.8cm 体重 61.2kg 体脂肪率 (10.6%+17.7%)/2=14.2%
水曜日は8時頃から教授回診だって。木曜日に入院したから丸々一週間か。
7:10 採血 この結果を待って退院。
8:00 教授回診(山本) 腸閉塞の経緯等、多くのことを訪ねられた。その後、再発しないようであれば一時的なものだろうとの事。
8:10朝食 低残渣食
ご飯普通盛、Pたい味噌、味噌汁、プレーンオムレツ、白菜ツナのスープ煮S1/2、Pヨーグルト
最後の低残渣食だ。

image

9:30 担当医師(原田)の退院許可
10:00 会計 11月分 67千円、12月分 47千円
え~月分かれてるのでそれぞれ78千円以下だ(涙)
退院

自治医大-25 検査終了


自治医大-25 検査終了
11:45 ニフレック追加したが、これ飲むより、お尻が痛くて辛い。
13:00 いってきます。
13:10 検査開始
血圧計、酸素濃度計、心電図、装着
ダブルバルーン小腸内視鏡挿入、点滴から麻酔を入れてるが経口の際と異り意識ははっきりしている。左向いたり、仰向けになったりしながら挿入部を進める。お尻の穴はヌルヌルした感じ、腸内の移動をはっきりと感じる。圧迫感があり、途中痛むとこりもあり、造影剤を入れて観察後、終了。小腸1m先に癒着があり、それより先には曲がりがきつく、進めなかったが狭窄はしていないとの事。経口で2.8m、経肛門で1mなので残りの2m程は観察できなかったが、癒着以外の異常は見つからなかった。
14:57 病室にもどり 、体温 36 .4°C 血圧 97―68
15:30 着替え。点滴は夕食後外れるとの事。
16:00 担当医師がきて夕方に今回の検査の結果について詳しく説明するとの事。明朝、異常がなければ、午後にでも退院。

自治医大-23 ニフレック 1L 追加


自治医大-23 ニフレック 1L 追加
10:30 検査衣が来た。今度は上下、取りあえず上だけきた。下のパンツは、検査前で、お尻のとこだけ穴あき。点滴交換、検査用から通常の点滴に。検査用って高いんだって。
10:45 新しい入院患者が来た。明日検査みたい。
11:30 ニフレック 1L 追加(涙)