「兵庫」タグアーカイブ

シティーループバスで三ノ宮見学


IMGP1815 レッドロックでローストビーフ丼を堪能した後は、神戸の街を観光です。 三ノ宮はシティーループバスというのが走っていて、660円の1日乗車券があります。1回260円なので三回下りれば元が取れます。レッドロックから三ノ宮駅前の13番バス停まで歩き、そこからシティバスに乗り、まずは16番バス停のメリケンパークへ。ここには神戸震災メモリアルパークがあります。水戸で東日本大震災を体験した私たちにも感慨深いものがありました。そして神戸海洋博物館で見学。そして1番バス停の中突堤(ポートタワー前)で再びシティループバスに乗り、4番バス停の南 京町(中華街)で降りて、神戸の中華街を見学。横浜中華街を知っている我々にとっては、かなりこじんまりとした中華街で東西と南北の歩行者天国がクロスしたところだけが大勢の人でにぎわっていました。

IMGP1820

IMGP1818IMGP1824
IMGP1825IMGP1826
  まぁ、せっかく来たので、中華街を楽しむのには何か食べることですから、豚まんとラーメンをいただきました。そのあとは、再び4番バス停からバスに乗り、5番バス停の旧居留地 (市立博物館)で降り、旧横浜正金銀行の建物を増改築した神戸市立博物館によりました。
 そうこうしているうちに、夕方になり、再び5番バス停からバス乗り7番バス停の地下鉄三宮駅前(北行)で降りて、ポートライナーで神戸空港から18:50発の茨城空港行きに乗り、20:05に茨城空港着。茨城空港へ停めてあった車で自宅へ。結構ハードな神戸旅行でした。

 いやいや、神戸出張でした(笑)。

三宮の昼はレッドロックでローストビーフ丼


IMGP1810 生田神社をお参りして少し早いけど11時過ぎにお昼にしました。ローストビーフ丼の本家三ノ宮レッドロックでローストビーフ丼を。開店は11:30だったのですが、早めの11時20分頃行ったら、既に行列が…店は東海道線のガード脇の小路の先なのですが、狭いので写真のように別の場所で待ち行列ができていました。凄い人気ですね。約1時間くらい待ったでしょうか?数人ずつ店の前まで連れていかれ、外でしばらく待って店内へ。店内はそんなに広くはありません。妻と二人でカウンター席に座り同じものを頼むのも何なので妻はローストビーフ丼を私はステーキ丼を頼みました。ローストビーフ丼の旨そうなこと…。全くご飯が見えません。

IMGP1813

IMGP1814 私のステーキ丼はというと、ご飯が見えてる…
 そして味のほうは、ステーキ丼はやっぱりステーキ、歯ごたえがあって肉を食っているという感じ。ローストビーフ丼は・・・旨い。ローストビーフは食べるけどどんぶりにして食べたのは初めてでした。結構うまい。ローストビーフは柔らかいし、タレも旨い。どんぶりにするなら肉の堅いステーキよりは、柔らかいローストビーフのほうが合います。
 ローストビーフ丼がこんなに旨いとは持っていませんでした。

再び三宮、そして生田神社へ


 2月6日の朝に有馬温泉で太閤の湯を見学した後、9:55分の有馬エキスプレスというJR高速バスに乗って、初日と同じ神戸 三宮に10:25に着きました。今度は神戸異人館街ではなく三ノ宮あたりをシティーループバスを使用して散策する予定でしたが、その前に最初に生田神社をお参り。IMGP1803

IMGP1801IMGP1804IMGP1806
生田神社には 平成21年9月20日に天皇陛下より幣帛料御下賜、平成27年1月16日に幣饌料御下賜の札が立てれています。で幣帛料幣饌料を調べてみると、幣帛料は、神社の宮司が宮中に参内して陛下から直接御下賜されるお供えで、幣饌料は、行幸啓先にて侍従長より御下賜される場合に用いる言葉のようです。
IMGP1805IMGP1808IMGP1807
さて次は昼飯だ。

有馬温泉 朝食+太閤の湯


有馬ロイヤルホテルでの朝はまず、温泉に入って朝食です。昨夜の夕食に引き続き献立表付きです。
有馬ロイヤルホテル朝食 献立

献立表

ー、有馬味噌 銀泉仕込みこんにやく・炭酸煎餅こんにゃく
ー、豆乳鍋 豆腐・青菜
ー、ひじき・蓮根
ー、海老玉子・青味・高野・庄内麩
ー、トマトサラダ・人参ドレッシング
ー、焼き魚 鯖・鮭・レモン
ー、岩鶏田舎煮・厚揚げ・じゃが芋
ー、山菜茶碗むし
ー、漬物五種盛り
ー、兵庫県産こしひかり
ー、田舎みそ汁
ー、香梅海苔・味付のり
ー、果実ゼリー
   有馬味噌・香梅海苔は売店いて販売して今うs。
有馬ロイヤルホテル
   調理長 石川忠司

朝からかなりの量なのに、ご飯を3杯も食べてしまいました。デブになってるはず…IMGP1792

食後はバスの時刻まで有馬温泉の散策です。
 最初に有馬ロイヤルホテルのすぐ近くに温泉寺(有馬山温泉禅寺)があるので、参拝。

IMGP1793IMGP1794

 次に太閤の湯殿館を見学してきました。秀吉は子の有馬温泉を何度も訪れたそうで、その時の温泉が保存されています。

IMGP1798IMGP1799

そして、バスに乗って、再度三宮へ!!

姫路から有馬温泉へ 有馬温泉夕食


 やま義であなごを堪能してから、姫路から三宮へ向かい、そして路線バスで有馬温泉へ。到着したのは4時ころです。有馬温泉の有馬ロイヤルホテルにチェックインしました。ホテルと名はついていますが、仲居さんが応対してくれ、部屋食ができるいわゆる旅館ぽい温泉宿です。チェックインのあと温泉街を少し散策して、夜のお酒を購入してホテルに戻って、まずは温泉へ、ここの温泉は、『金泉』と呼ばれて、主に神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進の他、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人症、月経障害、高血圧、動脈硬化にも効果があるそうです。露天風呂は赤く鉄分が入った風呂なので、タオルなどを漬けるのは厳禁です。体を拭いてもいけません。タオルが真っ赤に染まってしまいます。体を拭く前に、必ず他の湯で体をきれいに流しましょう。
 そして、温泉宿では温泉とともに重要なのが夕食です。献立表によると

有馬ロイヤルホテル夕食 献立

  梅月見
一、前菜、松前鰯寿司・福豆白和合・春告鳥羊羹・菜種カレー焼
     梅花胡麻南瓜・老木アスパラ・白魚抹茶揚げ
ー、造里、鯛・蛸湯洗い・鳥賊・眼梶木・鰤・豆乳蒟蒻
ー、焜炉、春淡雪生姜煮・鱈重ね湯葉巻き・茄子・小玉葱・人参
ー、合肴、海老葛打ち・大根・パンスープ煮・小倉・トマト・香味ソース
ー、焼肴、甘鯛・鰆一汐・蓮根・蓬麩・花麩・煎り葱味噌焼
ー、酢肴、蟹崩し更紗巻き・白木耳黄味酢寄せ・茗荷・蕪・胡瓜・雲母酢
ー、台物、三田牛 小鍋立・水菜・白菜・若芽
ー、煮物、京芋葛水仙 香味揚げ・櫼の芽・蕗・煎り出汁
ー、蒸物、潮羽二重蒸し・浅利貝・緑藻・くこの実
ー、留腕、うぐいす仕立・芽蕪・豆麺・霰
ー、食事、山菜釜飯
ー、香物、三種盛り
ー、果物、果物ゼリー掛け・野菜蜜豆
有馬ロイヤルホテル
   調理長 石川忠司

ということでしたが、読めない漢字が多かったです。
しかし、どの料理も美味しくて夫婦ともども満足しました。

IMGP1788
IMGP1789IMGP1790IMGP1791

姫路城


IMGP1744 さて、神戸北野異人館街を観光したその足で三宮から姫路に向かいました。2月4日の夜は姫路で一泊です。翌朝は8時半にホテルを出て姫路の駅前に来ると姫路城が目に入ります。こんな都会の真ん中から大きな城が毎日観られる姫路の人がうらやましいです。私の出身の旭川は歴史が浅いのでもちろんお城はありません。今住んでいる水戸も城下町ですが、城跡には水戸一高という高校が建っていて、お城はありません。本当にうらやましい限りです。姫路城は別名白鷺城と呼ばれる真っ白な城で、20年以上前に訪れたことがあっるのですが、平成21年に大天守保存修理工事着工(平成の修理)し、かなり真っ白になりましたが、それから7年たって、少し落ち着いたような色合いになりました。この城は黒田氏が小寺氏から預かっていたのを黒田官兵衛の父黒田孝高が中国攻略のために秀吉に献上したことで有名です。

IMGP1751IMGP1756IMGP1760

IMGP1762

IMGP1774 石垣もこんなに高いです。
 榊原騒動、棟梁・桜井源兵衛、、「1枚、2枚…」のお菊井戸、姥が石、妖怪退治をした宮本武蔵、お夏・清十郎等の伝説があります。

 姫路城の横には好古園と呼ばれる日本庭園がありますのでそこにも寄ってきました。また、姫路城の脇には姫路市立動物園、裏には姫路市立美術館がありますが、そこには寄らずに兵庫県立歴史博物館に寄ってきました。IMGP1771

本当に白鷺城は美しいですね。

神戸北野異人館街


IMGP1694 2月3日は会議だったのですが、翌日から妻と神戸空港で合流して兵庫観光です。妻も私と同じ時間帯の茨城空港から神戸空港へ到着しました。それまでは、先に書いたようにUCCコーヒー博物館へ行ってきました。そして妻と合流し、この日は神戸 北野異人館街へ行くということで、ポートライナーで三宮まで出て、そこから徒歩で神戸 北野異人館街に向かいますが、妻が調べてきたところでは、三宮から北野へ向かう途中に、ラーメンたろうという有名なラーメン屋さんがあるということなので、その途中で食事をしました。IMGP1693-ラーメン太郎‐たろちゃんラーメンたろちゃんラーメンを食べました。写真のように煮卵ととチャーシュー、のり、そしてキムチが載ってます。ラーメンが配膳されるときに「キムチをお出ししてよいですか?」と聞かれたのですが、どうも、自分で好きにラーメンに乗せてもよいようです。このキムチが意外とラーメンと会う。ストレート細麺で豚骨スープです。結局、この食べ放題のキムチをラーメンに乗せつつ食べました。また、載ってるチャーシューも非常に柔らかく、絶品でした。三宮に来たら、ぜひ寄ってみるとよいと思います。
 腹ごしらえをして、北野異人館街へ向かいます。坂を上っていくと右手にダルビッシュミュージアムが見えます。さらに上っていくとおしゃれな洋風のスターバックスがあります。このスターバックスには帰りに寄ったのですが、結構混んでます。おしゃれな洋風の建物が魅力的です。
IMGP1695IMGP1697IMGP1723
 そしてKitanoTourist Information OFFICE(北野観光案内所)で北野異人館街と三宮あたりの見どころをうかがって、まずは、屋根の上に写真のような風見鶏が飾られている風見鶏の館へ。ここは、明治42年(1910)、ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物だそうです。IMGP1718IMGP1712

 

 

 

IMGP1708IMGP1705

 

 

 

 

 

 風見鶏の館を後にして、少し西へ向かうと明治36年(1903年)アメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅として建築された洋館萌黄の館があります。そこは表だけ見て東へ戻り、風見鶏の館の前をさらに東へ抜けると北野天満神社があります。一応参拝して、さらに東へ抜け2本目の小道を左へ左折してきた方向に進むと急な坂道のオランダ坂があります。

IMGP1715ー萌黄の館IMGP1726-北野天満神社IMGP1728-オランダ坂

そこを登りきると神戸で最初に公開された異人館であるうろこの家が見えます。その前のポルチェリーノカフェ前にある幸運を招くと言われる猪の像。 いわゆる鼻の頭をなでると幸せになるといわれているイタリアの著名な彫刻家ピエトロ・タッカ氏によるポルチェリーノの猪のレプリカあります。

IMGP1739-うろこの家IMGP1731-ポルチェリーノの豬IMGP1733-うろこの家

うろこの家を出て、大正の初期に建てられたプラトン装飾美術館(イタリア館)に行きました。豪華な18~19世紀のヨーロピアンアンティーク・家具・調度品・絵画・彫刻の数々がぎっしり飾られています。オーナーが個人で収集したそうです。相当なお金持ちらしいですねぇ。

IMGP1740ープラトン装飾美術館(イタリア館)IMGP1742-プラトン装飾美術館(イタリア館)

帰りは、スターバックスによって、妻とお茶して三宮から姫路に向かいました。

神戸 UCCコーヒー博物館


IMGP1676 2月3日に水戸から神戸に降りて、その日は神戸のポートアイランドで会議があり、それで今回の出張の用務は終わり、翌日の4日は妻が観光に来るので、休暇を取ってそのまま神戸泊まりです。昨日私が登場した便で来るので、到着時間は同じ11:55の予定なので、それまでは暇なので、ポートアイランドのUCC上島珈琲本社の横にあるUCCコーヒー博物館に行ってきました。

IMGP1677

IMGP1679 UCCコーヒー博物館は日本で唯一のコーヒー専門博物館だそうです。展示室では、コーヒーの起源や栽培方法、加工方法やコーヒーの文化等が展示物とともに説明されています。ちなみに、コーヒーの木一本からとれるコーヒーの量は40杯分だそうです。
 見学後にはコーヒーのテイスティングができます。私が行った時には
ブラジル: サンタアナ農園産
ブラジル: UCCローリナ契約農園産
で、同じ品種の産地による味の違いを体験するものでした。はっきり言ってよくわからなかったですが、赤道に近いサンタアナ農園産のほうがまろやかな気がしました。そして、最後にコンピュータのクイズに挑戦すると、顔写真入りのコーヒー博士認定証が貰えますが、これはパスしました(笑)。このポートアイランドは都市機能を一通り備える日本で最も最初にできたウォーターフロント都市で、整然と整備された街並みは美しいです

IMGP1682IMGP1684