バーテープ交換


DSC_0261 DSC_0264DSC_0258

 通勤に使ってるロードのバーテープが擦り切れてきた。このFelt Z80を購入(2009/5)してから全く交換してないので、7年間かぁ。まぁ、汚れるし、擦り切れもする。バーテープの予備は3年くらい前に購入してあったので、それを使う。使ったのはこれ、OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [コルクタイプ] BT-01 ホワイト だ。コルクタイプは握った感じが適度に柔らかく、強く握ると硬さを感じるので疲れにくく、使いやすいと思う。裏面に両面テープが貼ってある白のバーテープ2本エンドキャップ2個OGKロゴの入った黒のエンドテープ2枚ブラケット部分の隠しテープが2枚がセットになっている。
DSC_0264DSC_0266DSC_0269

DSC_0259

 

 まずは、古いバーテープをほどきます。予め、ブラケットカバーをめくっておき、エンドテープ側からほどいていきます。完全にほどいて、古いエンドキャップも外してしまいます。このFelt Z80のバーにはアンダーバーテープが巻いてありました。あらかじめ用意しておいたフクピカとパーツクリーナーでハンドルの汚れを取ります
 次に、バーテープを巻き始めるのですが、その前にまず、ハサミを手の届くところに置いておきます。これが意外と重要で、バーテープを巻き終わった後に、余分なテープを切らなければなりません。手元にないとあたふたしてしまいます。そして、バーテープの裏紙をすべてはがしておきます。あとから、はがそうとは思わないほうが良いです。巻いている間は、手がふさがってしまうので・・・。それから、もう一つ重要なのDSC_0275が、ビニールテープを用意しておくことです。私は黒のビニールテープを準備しました。バーテープ付属のエンドテープは接着力が弱いので、ビニールテープで止めてそれを、付属のエンドテープで隠すのが良いと思います。また、予めブラケット部分の隠しテープもブラケット部がちょうど隠せる長さに切って、裏テープをはがして手の届くところに貼っておきます。
 バーテープの巻き方はエンド側から、内側に向かって巻いていきます。左ハンドルは時計巻き右ハンドルは半時計巻きです。バーテープの巻き始めは、テープの幅が全部出るところから一周したときに1/3が重なるように巻きます。少し強めに引っ張って内側へ内側へと巻いていきます。ブラケット部に来た場合には、ブラケット部を隠すようにブラケット部分の隠しテープを貼って、その上からバーテープを巻いていきます。ハンドルのカーブ部分は外側を常に1/3だけ重なるように巻いていきます。従って、内側は重なりが多くなります。巻き終わったら、ビニールテープで止めて、エンドテープを貼ります。また、エンド部は余ったテープを適当に内側へ巻き入れてエンドキャップで止めます。この時、余分なテープは少し切ってしまってもよいですが、かならず、ハンドルの内側にバーテープを押し込みましょう。

DSC_0277

 このように、きれいに巻けました。左は新しく巻いたバーテープ、右側は古いバーテープ。色が全然違う(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)