シーモンキー孵化51日(9/19)目


【51日(9/19)】
2005年9月19日 10:43
 雄と雌、交尾、そして二世
  さて、孵化から51日のアルテミアの写真です。
撮影データは
 Pentsx FA50+OMリング+A50F1.4
 ストロボ SIGMA EF-500 DG SUPER ワイヤレス発光
  Pentax *ist D(SS=1/60,ISO=200,F=22)
です。
  さて、この左下の写真は右側がオスで、左側がメスです。オスはちょうど背中から見た状態です。メスは卵を持ち、オスは卵がありません。しかし、オスには口の脇にひれのようなものが見えますが、メスには見えません。真ん中の写真は交尾の様子で、右下は生まれた2世?あるいは3世です。
imgp4408imgp4414imgp4411

エアレーション
 さて、ここまで、2ヶ月近く育てていますが、特に、変わったことはしていません。餌は以前に述べたようにめだか等の小魚の子供用の細かく粉末になった餌です。これらのアルテミアは2つの水槽で育てています。一方は、エアレーションで空気を入れていますが、片方はエアレーションせずに、酸素石という徐々に酸素を補給する石を入れています。エアレーションしているほうは、蒸発以外に水が水槽の外に飛び散るので、水の減りが早く、若干薄めた食塩水をしばしば加えています。酸素石のほうは、蒸発した水を補給しています。水の交換は一度もせずに減った分だけ補給しています。但し、水が汚染するので、ゼオライトの石を数個入れて水を浄化しています。このような状態で育てていますが、右の写真(のように、また、幼生が生まれています。このまま何処まで育てられるやら。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。