シーモンキー孵化1日(7/30)目


【1日(7/30)】
2005年7月30日 10:00
imgp4029 ブラインシュリンプの卵を投入して1日目です。右の写真は顕微鏡で観察した写真です。撮影データは
 Olympus Ach4
 Pentax *ist D (SS=1/125, ISO=800)
 1.0158μm/pix 
です。激しく動かしている脚を止めて撮影するために高感度(ISO=800) で高速シャッター(1/125)を切りました。クリックすると大きな画像が見られます。脚が止まって見えるでしょうか?5本に分かれているのが確認できると思います。体長は0.634mm(で、翼のように広げた前の脚間が0.513mmです。単眼が一つ確認できます。

imgp4036左の写真は更に倍率をあげて顕微鏡観察した上の個体と同じ個体の写真です。撮影データは
 Olympus Ach10
 Pentax *ist D (SS=1/125,ISO=800)
 0.4630μm/pix
です。こちらのほうは倍率の高い対物レンズを使用しているので焦点距離が浅く、お知りの部分がピンボケになっています。こちらも、画像をクリックすると拡大像を見ることができます。

imgp4025右の写真はマクロ撮影したシーモンキーの写真です。撮影データは
 Pentsx FA135+OMリング+SIGMA AF28/F1.8
 ストロボ SIGMA EF-500 DG SUPER ワイヤレス発光
  Pentax *ist D(SS=1/160,ISO=800,F=32)
です。FA135のフォーカスがほぼ無限遠なので約4.8倍と仮定すると、体長は約0.8mmとなります。ピントを合わせるのほぼ不可能なので、置きピンで泳imgp4026ぎ回るアルテミアにフォーカスが合ったときにシャッターを切っています。そのため、被写界深度を深くする必要があり、絞りをF32まで絞り込んでいますが、ピンとが甘いです。ストロボを水槽の上部からワイヤレス発光させています。暗いためとISOを800まで上げているためノイズが多く見られます。左の写真も同じ条件で撮影したものです。左右どちらの写真も画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。