観察 6日目


さて、六日目です。
a100704101999年10月7日4時10分 124時間20分
 6日目のシーモンキーです。倍率は4×10(40倍)から10×10(100倍)に倍率を上げています。今回はホールスライドグラスの中央近くにいるのでかなり激しく動き回れるようです。写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 734kB 37s)をダウンロードできます。この個体では腹部の卵黄嚢らしきものは見えなくなりました。体長は1.2mm、幅は頭のところで0.33mmです。頭部中央の目のようなものの両脇にも黒い眼のようなものが見られ、やはり目が三つあるように見えます。

 a100721331999年10月7日21時35分 141時間45分
 こちらも動きが激しいですが。.4×10(40倍)から10×10(100倍)に倍率を切替えています。腹部の肢も結構大きくなっています。ちょっと見るとスカートをはいているような感じに見えます。100倍に切り替えた瞬間にはお尻に糞らしきものがついています。泳いでいるうちに取れてしまいます。今回はあまりにかわいそうなのでカバーグラスはかけていませんが、見栄が少し悪いです。.写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 592kB 29s)をダウンロードできます。体長は1.4mmです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。