観察 2日目


次は、二日目です。
a100305321999年10月3日5時30分 29時間30分
 二日目はいきなり大きな画像ですが、10×10(100倍)の映像です。上のほうに見える黒い線は気泡の一部です。カバーグラスを掛けるときに気泡が入り込み、その近くでシーモンキーがうろちょろしているのが見えます。あまり動き回らないので、ほとんど視野を動かす必要がありませんでした。従って、比較的見やすい動画だと思います。写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 582kB 29s)をダウンロードできます。かなり体が透明になってきたので体の内部が少しわかります。中心部に頭からお尻のほうまでに一本の消化管が通っているのが判ります。頭には目らしき黒いものが見えています。体長は生まれたときのおよそ倍の0.85mm、幅はあまり変わらず0.19mmで以前に比べ、ずいぶんスマートになりました。 a10021607

1999年10月3日9時10分 33時間10分
 上の写真から3時間半後ですが、最初は4×10(40倍)の低倍率で観測し、途中で10×10(100倍)の倍率にあげています。こちらは上と違ってちょろちょろ走り回っているのが判ります。写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 512kB 24s)をダウンロードできます。体長は0.76mmです。

a100312321999年10月3日12時30分 36時間30分
 左の写真は一体のシーモンキーですが、動画の方では二体のシーモンキーが出てきます。 写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 686kB 34s)をダウンロードできます。4×10(40倍)から10×10(100倍)に切替えて観察しています。大きな方の体長は0.88mmです。幅は0.2mmでかなりスマートです。第一肢の長さは0.4mmとかなり長くなりました。また、触角のような頭から出ている一対の長さは0.06mmくらいです。体長は、もう少しで、1mmになりますね。頭の先の目らしいもが良く見えます。a10031630

1999年10月3日16時30分 40時間30分
 こちらも大きいのと小さいのが見えています。互いに同じところをぐるぐる回って、ぶつかりそうなになりますが、ぶつからないようです。こちらも4×10(40倍)から10×10(100倍)に倍率を上げてます。100倍でも同時ではありませんが大きいほうも小さいほうも見られます。写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 684kB 33s)をダウンロードできます。大きいほうの体長は0.88mmで、小さい方の体長は0.7mmで、成長にこの程度の差は出てくるようです。
 
a100321051999年10月3日21時05分 45時間25分
 写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 597kB 29s)をダウンロードできます。やはり4×10(40倍)から10×10(100倍)に倍率アップしています。時々バックしているのが見られますが、動きが激しいためにスライドグラスを移動して視野位置を変えているためです。体長は0.8mm程度です。一対の触角らしきもの、第一肢、第二肢らしきものが良く見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。