観察 11日目


さて、十一日目です。
a101220341999年10月12日20時35分 260時間45分
 さて、今回はもっと日にちが経って三日ぶりの観察で、十一日目のシーモンキーです。倍率は4×10(40倍)から10×10(100倍)に倍率を上げていますが、100倍の倍率では視野をはみ出してしまいます。また、ホールスライドグラスでも、カバーグラスに挟まれて動きが取れません。これ以上は顕微鏡観察は難しいかもしれませんね。写真をクリックすると動画(MS-MPEG4 V.2 586kB 28s)をダウンロードできます。1今まで腹部の5対の脚といっていましたが、6対の脚が動くようです。一番後ろの脚の先にも節らしきものがあり、これも脚との区別があまりつきません。これらが大きくなるにつれて、脚のようになっていくのでしょうか?体長は2.3mm、幅は頭のところで0.46mmです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。