アミモ Hydrodiction


アミモ Hydrodiction 40×15 1/8
hydrodiction
 600倍で撮影したアミモです。アミミドロと呼ばれるのが通常です。アミミドロはアオミドロと同じ緑藻植物門緑藻網 ですが、クロロコッカス目 アミミドロ科 アミミドロ属の淡水藻です。細胞はアオミドロと同じ円筒状ですが葉緑体がらせん状になってるわけではありません。通常いくつかの細胞が糸状に繋がり網目状の群体を作り、大きなものは30cm以上になり、いけなどに浮遊しています。写真からその細胞の大きさは、アオミドロより一回り大きく、太さは40μmくらいで、節状になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。