【ヒョウタンボク】


plant09

番号 9
科名 スイカズラ科
植物名 ヒョウタンボク
採取地 北海道 旭川市 神楽
採取日 1973/7/22
採取者 赤岡 克昭
その他 ひょうたん型をした実がなるが食べられない

 標本では科名は判らないとなっていますが、ヒョウタンボクはスイカズラ科の落葉低木です。山地に自生し庭木にもします。この標本も私の子供のころの家の庭に生えていたものから採取したものです。高さは約1.5m程度で、葉は標本に見られるような楕円形です。標本にはつぼみがついていますが、初夏に筒状で先が5つに裂けている花を2個ずつつけます。瓢箪(ひょうたん)に似た2個の実を並んでつけるため、ヒョウタンボクと呼ばれます。赤く熟しますが、標本のその他にかかれているように、有毒で食べられません。花の色が白から黄に変わるので金銀木とも呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。