ユリ:シベリア


IMGP7894 この写真はシベリアという種類のユリです。だいぶ前になりましたが、父が亡くなり、その後納骨を済ませ、秋のお彼岸の際に、かつての父の同僚からいただきました。今頃になっての掲載ですが、ご勘弁ください。
さて、百合のような観賞用の植物は多くが品種改良され、多種多様の種類が存在します。ゆりはユリ科ユリ属の植物の総称で、単子葉植物の多年草です。葉は細長く葉脈は平行です。花は写真の様に大型でラッパ状、がくと花弁は同質になり、6枚、おしべも6個、めしべは中央に一本です。花の香りは、かなり強い部類です。球根から根がで、茎はほぼ直立に出ます。また、この球根は食用になるものもあります。いわゆるユリ根ですね。

IMGP7902@ こちらは、上のユリの花粉です。いつものようにグリセリンゼリーで封入したものです。今まで観察したいろいろな花粉に比べて、非常に大きいことがわかります。百合の花粉は衣服に付くと色が移り、なかなかとれません。上の写真でヤクはオレンジっぽいですが花粉自体は黄色っぽい色です。
撮影データは
対物レンズ Plan Apo10
接眼レンズ FK6.7(0.1138μm)
ISO 200  SS 1/30
です。

IMGP7903@ こちらは、カナダバルサムで封入したユリの花粉です。ユリの花粉には、真一文字に引かれた幅広のすじが見えます。ここは特に膜が薄くなっていて、ここから花粉管が伸びるようになっています。
撮影データは
対物レンズ Plan Apo10
接眼レンズ FK6.7(0.1138μm)
ISO 200  SS 1/30

( 2008年05月28日[水] )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。