ハグロトンボ


ハグロトンボ
 8月22日(日)に次男と甥っ子を連れて、自然公園へ遊びに行きました。子供たちは遊歩道を探検隊になりきって散策していました。雑木林の中に黒くゆらゆらと飛ぶものが…
 目を凝らしてみると、羽の黒いトンボでした。そこで写真をパチリ。家に帰って調べてみるとカワトンボ科のハグロトンボだそうで、6~9月に平地の小川で見られるそうです。体はオスが金属緑色(メタリックな緑色)で、メスが黒褐色だそうです。写真は体が黒いのでメスだと思われます。
トンボ 飛び方はまるで蝶のようにゆらゆらと優雅に舞、神秘的にすら見えますホバーリングもしないので、とてもトンボのような飛び方ではありません。また、通常トンボは右の写真のように、羽根を広げ下に下ろして休みますが、このハグロトンボは石や葉の上にとまったときは、上の写真のように羽を閉じてやすみます。この様子もまるで蝶のような休み方ですね。

 

( 2004年08月24日[火] )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。