クロアゲハ


00060-01 2005年7月22日に次男が庭でサッカーボールを蹴っていた時に、「パパ大きな蝶が居るから写真とって!!」と言ってきました。あわてて、タムロンの28-300mmを付けて庭先に飛び出ると クロアゲハがお向かいさんの庭を飛び回っているではないですか?!早速写真をパチリ!!
 シャッター速度を稼ぐために感度を800に上げましたが、何枚かは手ぶれと被写体ぶれ、この写真もトリミングしていますので、ノイズっぽくなっています。
 クロアゲハはアゲハチョウ科のチョウで、開張は約10cm以上になります。体中真っ黒で、オスメスともに後羽に尾状の突起がありますが、メスの後羽は写真のように下面の外縁の橙赤色の紋が発達し、オスは後羽の前のほうに白い横長の紋があります。私の住んでいる関東地方では、4~5月、6~7月、8~9月の3回発生します。蛹で越冬し、この辺には幼虫が植生とするみかん科の樹木見かけませんが、近くになるのかなぁ。

( 2005年07月26日[火] )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。