キクイモの花粉


00090-01 空中花粉採取で8月後半から9月に掛けて、新しい花粉が飛び始めたことを書きましたが、家の近所には、キクイモの花が多数咲いています。そこで、この飛散している花粉がキクイモの花粉ではないかと予想し、キクイモの花粉を採取してみました。これが、右の写真です。直径は、29μm程度で、突起物の長さは、2.4μm程度です。これは、空中花粉採取で見られた小型の突起物のある花粉とは異なり、1.5倍くらい大きいものです。
 撮影データは
  対物レンズ  PlanApo x10
  接眼レンズ  FK x6.3
  カメラ    *ist D
  SS 1/30
  ISO 200
  撮影倍率 0.1138μm/pix
です。

00090-02 キクイモはこの写真のように数多く群生し、黄色の花を咲かせるキク科の多年草です。原産は、北アメリカで、茎の高さは2mほどになります。地下茎ができ芋状になることからキクイモと呼ばれ、この芋は食用や飼料の他、アルコールや果糖製造の原料ともします。日本各地で野生化し、いたるところで見られます。00090-03

 キクイモはこの写真のように、夏から秋にかけ枝の天辺に8cmくらいの黄色の花を咲かせます。ひまわりの花の花びらを長くしたような花です。

( 2007年02月11日[日] )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。