めだかの孵化


 昨年の2月ごろから、ずっとめだかを飼っていて,昨年も今頃、大量に孵化しました。飼育を始めた昨年2月ごろは10匹程度の黒めだかが今は30匹程度に増えています。めだかは水草に産卵しますが、孵化した子めだか親めだかに食べられてしまうことがあるので、水草を別の水槽に移します。
 今年は、めだかと水草の密度が高く、その産卵された卵を見つけられずに、卵のついている水草を別の水槽に移すことができませんでしたので、最近まで子めだかが生まれていませんでした。しかし、先日、水草についた卵をようやく見つけましたので、別の水槽に移しておいたところ、一昨日、ようやく孵化しました。体長1mm未満の子めだかが2匹水槽で泳いでいます。
 かわいいものです。また産卵すれば、発生までを顕微鏡で観察したいものですが、なかなか時間がありません。

( 2004年06月14日[月] )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 このホームページは、小学生や中学生、そしてそのお父さんお母さんたちが、身近な動植物や星、太陽や月を観察したり、どこの家庭にでもあるような道具を使用して実験したり、ちょっとした工夫で科学がとても楽しくなるような、そういうホームページを目指しています。夏休みや冬休みの自由研究や科学実験の参考になれば幸いです。